BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST

BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST
●セットリスト
1 LAY YOUR HANDS ON ME
2 NINE
3 DRESS LIKE AN ANGEL
4 BACK ON MY FEET
5 MORNING AFTER
6 KICK IT OUT
7 A HUNDRED SUNS
8 FOGBOUND
9 BLIND BIRD
10 STARS AND CLOUDS
11 STAY
12 FLARE
13 NARCOSIS

BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST
「長いこと支えていただいて……言葉もありません」
涙を拭いながら満場のフロアに呼びかける中野雅之(Programming・B)。さらに続けて「本当に、BOOM BOOM SATELLITESのことを大事にしてくれて、ありがとうございました」と嚙み締めるように伝える言葉に、割れんばかりの拍手と歓声が巻き起こっていく――。

脳腫瘍の闘病の末、昨年10月に川島道行(Vo・G)が惜しくも世を去ったBOOM BOOM SATELLITESの、デビュー20年/結成27年に及ぶ歴史の最後を飾るアクトとして、6月18日に新木場STUDIO COASTにて開催されたワンマンライブ「FRONT CHAPTER - THE FINAL SESSION - LAY YOUR HANDS ON ME SPECIAL LIVE」。
サポートを務める山本幹宗(G)&福田洋子(Dr)に加え、これまでBOOM BOOM SATELLITESのミュージックビデオを手がけた関和亮(“LAY YOUR HANDS ON ME”)/長添雅嗣(“KICK IT OUT”、“EASY ACTION”)/柿本ケンサク(“BROKEN MIRROR”、“NINE”、“STARS AND CLOUDS”)/山本太陽(“ONLY BLOOD”)といった映像クリエイター陣が集結。
「川島道行の不在」による特殊な編成のライブながら、その音楽世界において永遠に失われることのない「川島道行の存在」をまっすぐに指し示すような、圧巻のラストスタンドだった。
BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST
暗転した会場の中、ステージを覆う紗幕をスクリーン代わりに映像が投影され、川島の息遣いが静寂に響く。そして――この日の幕開けを飾ったのは、ライブ初披露となるラストシングル表題曲“LAY YOUR HANDS ON ME”だった。
紗幕の向こう側には中野/山本/福田、そして舞台中央上手の定位置には川島のマイクとアンプ。そして、川島の歌声と、トランシーなスケール感に満ちたビートと音像、眩い光のグラフィックが渾然一体となって、いきなり雄大な高揚の風景を描き出し、一面のクラップを呼び起こしていく。
さらに、“NINE”ではちょうど川島のマイクのあたりの紗幕に逆光のシルエットが映し出され、驚きと感激の声がフロアに広がっていく。
BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST
BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST
曲によってベース/ギターを弾き分けながら鍵盤を操る中野。曲によってはフライングVを構えてエモーショナルでエッジーなプレイを聴かせた山本。ハイブリッドな轟音世界に強烈なグルーヴ感を与える福田のドラム。そして、同期トラック越しに響き渡る川島の歌声……。ロックの可能性を真摯に研ぎ澄ませ続けてきたBOOM BOOM SATELLITESの音楽の結晶たる楽曲が、ひとつ、またひとつとフロアに轟いていく。
“DRESS LIKE AN ANGEL”から“BACK ON MY FEET”へ流れ込んだところで舞台の紗幕が開き、オーディエンスがさらなる熱狂に包まれたところで、“MORNING AFTER”では舞台後方のビジョンに川島のライブ映像が映し出され、リアルタイムで演奏する3人と川島の姿を巧みにカットアップしながら「4人」のライブ空間を構築してみせる。
スタインバーガーのベースを構えた中野が繰り出したのはキラーナンバー“KICK IT OUT”! 全身震撼級のタフでタイトなビートとサウンドが観客の情熱を直撃、フロアが激しく揺れていく。
BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST
そのまま“A HUNDRED SUNS”から“FOGBOUND”へと畳み掛けたところで、再び舞台を紗幕が覆い、ライブは終盤へ。鳥の視点から都市の夜景を活写したような映像と《See you in heaven far away》という川島の歌に、熱気あふれる会場は一転して張り詰めた緊迫感に支配されていく。
BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST
BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST
舞台の紗幕に加えて壁面までも駆使して一面の星空や雲海を描き出してみせたシングル『LAY YOUR HANDS ON ME』収録曲“STARS AND CLOUDS”では、ピアノの調べと川島の凛とした声が溶け合いながら、凄絶なる神秘のサウンドスケープを編み上げてみせる。
さらに、続く“STAY”では、燃え盛る太陽の如き光の塊が川島の立ち位置に映し出され、壮大なる轟音オーケストラを響かせながら、場内を真っ白に染め上げていく――。
BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST
BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST
ライブの最後を飾ったのは、シングル『LAY YOUR HANDS ON ME』の2曲。“FLARE”の幻想的な音世界に広がる川島のファルセット。“NARCOSIS”では川島&中野の過去のライブ映像が次々に映し出され、唯一無二の音楽を探求し続けてきたバンドの歴史を改めてファンとともに分かち合うような誠実な時間が流れる。紗幕が上がり、会場一面に白い羽根が舞い降りる中、2013年の武道館公演の川島MCが響く――。
「最後に、ひとこと言わせてください。言いたかったことがあります……BOOM BOOM SATELLITESでした! ありがとうございました!」
抑えていた感情がオーディエンスの間にあふれ出す。そして、ストイックに演奏に徹してきた他ならぬ中野自身も、惜しみなく注がれる拍手と歓声を受けて、こらえきれない涙を何度も拭っていた。
BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST
「あなたたちが、僕と川島くんが一番大切にしてきたもので、そして誇りです。これからも、僕たちが作った音楽を大事にしてください。本当にありがとうございました」……最後に中野は観客にそう告げていた。中野/山本/福田が舞台を去り、ビジョンいっぱいに「BOOM BOOM SATELLITES」のロゴが映し出される。終演を告げるアナウンスが2回流れても、バンドを讃え別れを惜しむ多くの観客がフロアに留まっていた。(高橋智樹)
BOOM BOOM SATELLITES/新木場STUDIO COAST

終演後ブログ

最新ブログ

フォローする