「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光

  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光
  • 「今日ここに戻って来れて嬉しい」ブンブン、約1年ぶりのワンマンライヴで鳴らした未来の光

BOOM BOOM SATELLITES、約2年ぶりのアルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』のリリース記念ライヴ「SHINE LIKE A SUNS PREMIUM GIG」が、昨日2015年3月15日(日)、EX THEATER ROPPONGIにて行われた。
RO69では、約1年ぶりのワンマンとなったこのプレミアム・ライヴの模様をレポートする。

――――――――――
新しく、また極めて本質的なステージであった。BOOM BOOM SATELLITESというバンドが今までに何を伝え、これから見せようとしているのか、あの場所にいた誰もが身体で理解したのではないだろうか。5月にスタートする対バン・ツアーを前に、新作『SHINE LIKE A BILLION SUNS』を引っ提げて一夜だけ行われたプレミアム・ギグである。

暗転したフロアに、ドリーミーなシンセ・フレーズと心をざわめかせるエレクトロ・ノイズが響き、川島道行が“SHINE”を歌い出す刹那、眩い照明がステージを照らす。中野雅之とお馴染みのサポート・ドラマー=福田洋子、そしてサポート・ギタリストに山本幹宗(ex. The Cigavettes,くるりのサポートetc.)を迎えた編成であり、川島はステージ中央のスタンド・マイクでその美しく伸びやかなハイトーン・ヴォイスと、堂々の存在感を放っている。もしかしてギターを弾かないのか?と思うのも束の間、続く“ONLY BLOOD”で川島はギターを摑み取り、今度はエフェクトを噛ませたロボット・ヴォイスの鮮烈なフックが、バンドのマッシヴな爆発力を導いてしまうのだった。

未来型のガレージ・パンクとでも呼ぶべき“BACK IN BLACK”からトリプル・ギターの強烈な音の壁が立ち上がる“VANISHING”と、新作収録曲の生々しいサウンドの蠢きがフロアを満たし、“A HUNDRED SUNS”から“OVERCOME”にかけては、決して晴れやかなままでもハイなままでもない、しかし時の流れと共に着実に変化してゆく人々の様々な心模様に寄り添う。たとえば貴方は、ライヴに出掛けて大勢の人が笑顔で盛り上がっているのに、何か取り残されているような、馴染めないような気持ちを味わうことはないか。BOOM BOOM SATELLITESは、ロックの熱狂もダンス・フロアの恍惚感も知り尽くしている一方で、同じフロアでその熱に取り残されてしまう貴方の心の高まりじっくりと待つ音楽を奏でることも出来る。眩しい太陽が昇る美しい映像を用いながら、まさに太陽を待つように、貴方を待つのである。

2014年12月31日付けのBOOM BOOM SATELLITES公式ブログで、中野は川島の闘病と治療の経過、さらには平行するバンド活動について、克明に報告していた。それは言葉を失うほど凄絶な内容であった。中野はこう書いている。「僕たちは命に終わりがある事に対する実感が人一倍強い」。だからなのだ。BOOM BOOM SATELLITESは、命が燃え盛り輝く決定的な瞬間を、誰にも逃して貰いたくないのだ。ドラマティックにクレッシェンドする楽曲で人々を余さず高揚させ、辿り着いた“FOGBOUND”以降の絶頂感は、フロアの隅にいる人まで一様に跳ね上がらせてしまうものだった。“MOMENT I COUNT”に初めて触れたときの、BOOM BOOM SATELLITESがより広く、熱狂と恍惚を届けよう走り出した頃の興奮を思い出して泣きそうになる。彼らのキャリアが、一夜のステージの中で肯定されるような手応えであった。

アンコールに応えて川島は、「事後報告になりますけど、僕はこのとおり元気です。これからも音楽活動を続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします」と告げていた。シンプルな言葉だが、それだけで充分だった。ビートルズ“HELTER SKELTER”カヴァー以降は更に4ピースのロック性を剥き出しにし、ダブルアンコールというよりもほとんど間を置かずに川島が「まだ終わらないよ? 約1年ぶりのワンマンなので、まだ終われないです。個人的な話だけど、今日ここに戻って来れて嬉しいです!」と語って傾れ込むのは“DRESS LIKE AN ANGEL”だ。ステージ左右に設置されたポールで、総勢4名のポールダンサーがアクロバティックかつセクシーに舞う。この2015年、古参ファンも新しいファンも、誰もがBOOM BOOM SATELLITESと「出逢う」だろう。何度でも新鮮な気持ちで出逢い、その度にかけがえのない喜びを持ち帰るはずだ。(小池宏和)

■セットリスト

01.SHINE
02.ONLY BLOOD
03.BACK IN BLACK
04.VANISHING
05.A HUNDRED SUNS
06.BLIND BIRD
07.OVERCOME
08.EMBRACE
09.NINE
10.FOGBOUND
11.MOMENT I COUNT
12.KICK IT OUT

(encore)
13.HELTER SKELTER
14.DIVE FOR YOU
15.BACK ON MY FEET

(encore 2)
16.DRESS LIKE AN ANGEL
――――――――――

なお、BOOM BOOM SATELLITESは5月より、自主企画ツアー「FRONT CHAPTER Vol.4」を開催する。
詳細は以下のとおり。

●ツアー情報
BOOM BOOM SATELLITES「FRONT CHAPTER Vol.4」
2015/5/05(火・祝)広島CLUB QUATTRO
2015/5/06(水・休)福岡DRUM LOGOS
2015/5/13(水)名古屋CLUB QUATTRO
2015/5/14(木)梅田CLUB QUATTRO
2015/5/16(土)富山MAIRO
2015/5/20(水)渋谷CLUB QUATTRO
2015/5/29(金)札幌cube garden
2015/5/31(日)仙台RENSA
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする