After the Rain/日本武道館

After the Rain/日本武道館 - All photo by 小松陽祐(ODD JOB)、岡本麻衣、小境勝巳、上西由華All photo by 小松陽祐(ODD JOB)、岡本麻衣、小境勝巳、上西由華
●セットリスト
1. 解読不能
2. 生に縋りつく
3. セカイシックに少年少女
4. 負け犬ドライブ
5. 脱落人生へようこそ
6. 傾国
7. 最適な人の殺めかた
―AtR BandSession 「七夜月-ナナヨヅキ-」―
8. 林檎花火とソーダの海
9. わすれもの
10. 夢のまた夢
11. 四季折々に揺蕩いて
12. 夢花火(Acoustic ver)
13. シャルル
14. ECHO
15. ロメオ
16. わすれられんぼ
17. 彗星ハネムーン
18. アイスリープウェル
19. 桜花ニ月夜ト袖シグレ
20. アンチクロックワイズ
(アンコール)
EN1 脱法ロック
EN2 すーぱーぬこになりたい
EN3 彗星列車のベルが鳴る


After the Rain初の日本武道館公演。それも2デイズ。ネットシーンで活躍するまふまふそらるというふたりのユニットが、アーティストならほとんどが目指すこの「武道館」という舞台でやるということだけでも快挙なのに、初めてで、しかも2日間公演で、それも満員御礼、チケットは相当な倍率で……。これだけ並べても今回の公演がどれだけすごいことか明らかにわかるが、初日だけでも実際に彼らのステージは、本当にとてつもないものであった。「こんなライブ観たことない」と率直に感想をもらしてしまうほどの圧倒的なライブだった。

After the Rain/日本武道館
開演前、360度に設けられたステージの中央には、スクリーンで四角く囲まれた箱のようなオブジェ。そこには時計の映像が映し出され、リアルタイムの時間を刻む。今回の公演のタイトル「- Clockwise / Anti-Clockwise -」とは時計回り/反時計回りを示していることを思い出す。さらに、公演のロゴにも歯車があしらわれており、「時計」や「時間」が今回のモチーフになっていることが窺えると同時に、今回の公演をしっかりと刻みたいという気持ちも滲んでいるように思えた。カチカチと進む秒針に、観客の期待がどんどん高まって、その音はまるでカウントダウンのよう――そして暗転の後、時計の映像は歯車に変わり、曲に合わせて鮮やかに変化する。
After the Rain/日本武道館
オブジェがゆっくり浮上すると、ステージの中央には、バンドメンバーに囲まれた、まふまふとそらるが登場。まふまふは耳付きのフードと尻尾が付いた白い羽織、そらるは黒の羽織をまとい、そらるが「いくぞー!」と叫ぶと、1曲目“解読不能”が始まる。あっという間にAfter the Rainの世界に引き込まれ、会場はまだ1曲目だというのにはじめからクライマックスというくらいに歓喜の悲鳴をあげる。ふたりの一挙一動に大いに沸いていて、それだけ、このライブが待ち望まれていたということがわかる。そしてふたりも、この時を待ちかねたかのように、トップギアで歌声を披露。
After the Rain/日本武道館
次の“生に縋りつく”では炎が吹き出す演出で、熱気であふれる会場をさらに熱くする。ライブならではの演出が、リアル感とレア感を高め、ライブという価値をさらに高めているようだ。
曲調が一転、“セカイシックに少年少女”ではふたりは向かい合ってハモリを歌う。そのさますら、この空気を楽しんでいることを確認し合っているかのよう。そらるは360度に広がる会場を見渡し、「すげー最高の景色です!」と感嘆していた。

「とうとうやってきました。360度すごいわ。見られて恥ずかしい……」と言うそらるに、さっきまで熱気でパンパンだった会場からは和んだ笑いが。「1万3000人、そんなに入るわけないと思った」、「ふたりでこのステージに立てることを誇りに思います。悔いの残らないよう楽しんでってください」と、改めて武道館公演という感慨にふけっていた。しかし、ここまで3曲をあまりに堂々とパフォーマンスしているので全然感じていなかったが、まふまふによって緊張していることが明かされ、そらるが上着を脱ぐ演出を忘れたことが暴露された。でも、上着を脱がないと袖がひっかかって次の曲のギターが弾けないというのでいそいそと脱ぐ姿すら、彼らのペースだと感じてしまうくらい、もう全てが彼らの空気で満ちていた。

After the Rain/日本武道館
After the Rain/日本武道館 - そらるそらる
そらるとまふまふはそれぞれギターを抱え“負け犬ドライブ”へ。まふまふのソロ曲だがふたりで歌う新鮮さと、そらるのギタープレイ、ふたりでギターをかき鳴らす姿も相まって、こちらもライブならではの演出が映える。そのまま続けてそらるがギター、まふまふがマイクを取り“脱落人生へようこそ”。「みなさんご一緒に踊りましょう!」とオーディエンスに向かって叫ぶと、「《知りたい》!!」と会場全体が叫んで応える。そしてまふまふは360度のステージを走り回り、「もっともっと!」と煽る。
そらるのソロ曲“傾国”ではまふまふはギターに徹するが、ギターを弾きながらステージを動き回り、一方そらるはじっくりと歌い上げる。続いてもそらるボーカル・まふまふギターでの“最適な人の殺め方”では、ステージの端と端で背中を向けお互いにパフォーマンス。
After the Rain/日本武道館 - まふまふまふまふ

すると、一瞬でふたりの姿が消え、バンドセッション“七夜月-ナナヨヅキ-”が。ステージの上に待機しているオブジェの4面のスクリーンに赤と白の提灯が映し出され、赤い鳥居が、伏見稲荷大社のように連なって映し出される。

After the Rain/日本武道館 - そらるそらる
After the Rain/日本武道館 - そらるそらる
そして浴衣姿のそらるが登場。バンドセッション時の「神社」や「提灯」などの映像で「夏祭り感」を醸し出したところで、ここからその「夏祭り」や「夏」に合った曲が披露されていく。
尺八の音色から始まったのは、まふまふのソロアルバム『闇色ナイトパレード』に収録されている“林檎花火とソーダの海”。この曲の映像は夏祭りがモチーフになっているので、一気に夏感が高まる。“わすれもの”と続き、そらるは「歌って!」と会場に合いの手を求めるなど、楽しむように歌い上げる。
After the Rain/日本武道館 - まふまふまふまふ
入れ替わるようにまふまふが浴衣姿で登場。まふまふは「踊って踊って!」と、“夢のまた夢”へ。先日公開された実写MVのように、下駄でぴょんぴょんとステージを跳ね回る。
続いてそらるも登場し、8月1日に久しぶりのAfter the Rainの楽曲として投稿された“四季折々に揺蕩いて”が、イラスト動画とともに披露される。投稿された際に「日本語の綺麗さが伝わる歌詞になっていたらいいな」とTwitterでコメントしており、動画も絶賛していたことから、美しい映像に乗せて、ライブでもふたりは歌詞を大切に伝えるように歌っていた。

After the Rain/日本武道館
そらるが「夏っぽいことした?」とまふまふに訊くと「花火した」、「お祭りした」、「海に行った」という答えに、「嘘つけ……」とショックを受けつつも、以前うらたぬきとあほの坂田と沖縄に行ったが海で全然泳げなかったことや、まふまふは「綿菓子作った」と、これも先日投稿された天月-あまつき-との動画ネタの話題に。
会場の笑いを誘いながら、そらるは「夏っぽいことを何もしてない」とつぶやくと、まふまふが「これからしますか? 1曲」と次の曲へ繋げる。そしてステージの真ん中に設置された、境内にあるような椅子にふたりで座り、まふまふはギターを弾き、そらるのソロによる“夢花火”がアコースティックバージョンで披露され、まるで消えゆく線香花火のように儚げに歌い上げられる――ふたりの会話があまりにいい意味で「普通」だから、一瞬、ここが武道館のステージだということを忘れてしまっていた。
そして線香花火の映像に、魔法のような光が彩られる映像で、「夏」の終わりと、次のテーマへのバトンが繋がれる。

After the Rain/日本武道館 - そらるそらる
夏気分から一転、そらるは黒のジャケットを着て登場し、披露されたのは自身でも「歌ってみた」を投稿している“シャルル”。ジャジーなこの曲をしっとりと、そして叫ぶように歌う。
After the Rain/日本武道館 - まふまふまふまふ
一方まふまふは赤いロングカーディガンを着て、ニコニコ動画ではnqrseとのコラボで「歌ってみた」を投稿している“ECHO”を披露。こちらもさっきまでとは正反対なイメージで、英詞をクールに歌い、さらに「ぶどうかーーーーん!!!!」と叫び、レーザーの演出が飛び交った。
After the Rain/日本武道館 - まふまふまふまふ
ふたりが揃うと“ロメオ”のイントロが流れ、会場からは割れるような歓声が。まふまふの「みなさん盛り上がってますかー!?」にもこれ以上ないくらいの声で応えるオーディエンスは、合いの手も完璧。まふまふは《命に代えても守り抜いてみせます/さあおいで》と跪いて歌い、そらるは《後悔はさせない色褪せない景色へ/さあおいで》とクールに歌う。最後はふたりのハイタッチと、まるで王子様のようなお辞儀で曲を終えた。

After the Rain/日本武道館
まふまふがギターを弾き始めるとふたりで“わすれられんぼ”が披露される。そらるの「一緒に!」に会場も一緒になって歌い、一体感が生まれていた。
続いて印象的なイントロから始まるあの曲、“彗星ハネムーン”では、ふたりがナユタン星人の動画の踊りに合わせて踊る。この合いの手が多い曲も、会場は一体となって合唱。
After the Rain/日本武道館
「まだまだ声出せるよな!?」とまふまふの煽りから始まった“アイスリープウェル”では息の合ったハーモニーが披露され、会場一面がピンクに染まる中、“桜花ニ月夜ト袖シグレ”では「360度、最高の景色だ!」とそらる。

「楽しんでいますかみなさん」(そらる)と始まった本編最後のMCでは「最高。毎日やりたいね」と語り、またもや「いつも通り」の空気に。この空気がこのふたりのライブには合っているんだろうなと思う。まふまふは噛み締めるように「こんなにライブが楽しいと思ったのは初めてです!」と語る。先日リリースしたシングルが快挙を成し遂げ、「みなさんがCDを買ってくれたおかげで実現した」と。「武道館でやること自体がすごいことなんだけど、CDを買ってくれた方だけで360度のステージが余裕で埋まっちゃう。そんなことが人生であり得るんだなって。本当にありがとう」とそらるも噛み締めて感謝を語る。

そしてまふまふから「まだ、おそらくみんなも知ってる曲を1曲やってない」との発言に、「あの曲だ……!」と会場全体からの思いがあふれてくると、「いいかな! いいですか!」とまふまふもその思いを感じたかのように、この後披露する曲が待ちきれない様子。
After the Rain/日本武道館
まふまふ渾身の「ぶどうかーーーーーーーん!!!!!!!!」という叫びと炎の演出で、“アンチクロックワイズ”が披露される。スクリーンでは実写MVとリアルタイムでパフォーマンスするふたりが混ざりながら映し出される。ふたりは背中合わせでかけ合いをしたり、まふまふは全身で感情を表現しながら歌い、そらるはしっかりと歌声を響かせていた。

アンコールで登場すると早速“脱法ロック”では、花火の演出が。まふまふはこれでもかという高い声で歌い、会場も悔いの残らないようにというくらいに叫んで合いの手を入れる。
恒例の猫耳を付けての写真撮影が終わると(猫耳を付け終わるまでのぐだぐだもいつも通りなのは言わずもがな(笑))、「楽しい時間には終わりが訪れるもので……」とそらるが語り、「今日すごいみんなのことじろじろ見た」と楽しそうに話す。そしてまふまふが「まだまだいけますか!? ねこになってくれますか!?」、「すーぱーぬこになりたーーーーい!!」と、猫耳を付けたまま“すーぱーぬこになりたい”へ。会場は大合唱、ふたりも楽しそうに猫の手で踊り、銀テープが放出される。

「楽しい! ありがとう」と語りだすそらる。「最初はふたりでの初めてのライブの時、リハーサルをたくさんやっても噛み合わなくて。やってくうちにすごい楽しいと思うことが増えて、楽しいなと思う瞬間が噛み合ってきて。まふまふがライブを楽しいって言えるようになったのは、俺とみんなのおかげだと思うよ」としんみりとした話かと思いきや、笑いを誘う。「また帰ってくるからさ。その時は、もっともっと楽しい時間を一緒に過ごそう」と締めた。
まふまふは「360度、1万3000人くらいの人に囲まれて、自分たちの青と白の色で囲まれて、プラネタリウムみたいです。今この瞬間と、この空間だけはボクたちとここに居る方々の、それだけの景色なんだなあと。たった2回で終わってしまうことが寂しいなって思うばかりです」、「明日があるといっても、明後日はないかもしれないし、もう二度とないかもしれないし、二度と会えないかもしれないし……」、「だから次の1曲は声が枯れても、何があっても全力で歌いたいなと思います。みなさんもぜひ、お願いします」とこの公演がいかに自分たちにとって大切なものかを語った。

アンコール最後、“彗星列車のベルが鳴る”では、「もっともっと!」と会場も自分たちも全て出し尽くすように煽る。「ありがとう! 最高の景色です!」とまふまふが叫ぶ。そして最後は、ふたりのハイタッチで曲を終えた。
360度、ステージをまわって挨拶する姿は、本当にこの公演にきてくれたお客さん全てへの感謝が伝わってきたし、お客さんを本当に大切に思っていることが窺えた。何度も「ありがとう!」と叫び、会場も拍手喝采を送る――素晴らしいパフォーマンスへの盛大な称賛の音はなかなか鳴り止まなかった。(中川志織)
After the Rain/日本武道館

※写真は8月10日公演のものです

終演後ブログ

最新ブログ

フォローする