シンプル・プラン @ TSUTAYA O-EAST

シンプル・プラン @ TSUTAYA O-EAST  - Photo by Naoki OkudaPhoto by Naoki Okuda

「俺たち★シンプル・プラン!!」というキャッチとともにリリースされ、ポップ・パンク全盛のなかで大ヒットを記録したデビュー・アルバム『NO PADS NO HELMETS…JUST BALLS』から、今年で15年。それを記念したアルバム完全再現ジャパン・ツアー、「NO PADS,NO HELMETS…JUST BALLS 15th ANNIVERSARY TOUR in JAPAN」が開催された。その東京公演、TSUTAYA O-EASTの模様をレポート。

この日はZEPP TOKYOがソールドアウトしたことを受けての追加公演。サポートアクトで登場したSECRET 7 LINEが「パンクロックしにきました!」と叫びをあげ、アグレッシヴなプレイでフロアを盛り上げる。「俺の青春時代が帰ってきた」(RYO/G&Vo)といちパンク・キッズとしてもこのステージを楽しみ、観客の熱を上げながら会場を一体にして、シンプル・プランへとバトンを渡した。

シンプル・プラン @ TSUTAYA O-EAST  - Photo by Naoki OkudaPhoto by Naoki Okuda

真っ赤な照明でステージが染まり、サイレンが響きわたるなかシンプル・プランが登場し、「コンバンハ、トーキョー!」というピエール(Vo)の挨拶でスタートしたのはもちろんこの曲“I'd Do Anything”。『NO PADS~』の1曲目を飾り、イントロのキャッチーなギターフレーズから観客の興奮をマックスに持っていく曲だ。歓声とハンドクラップが起こって、ピエールが「スゴーイ」と笑顔を見せると、続く“The Worst Day Ever ”、“You Don't Mean Anything”と続いていく。

アルバム完全再現ということで、次にどの曲がくるかはわかっているが、それでもイントロのリフやビートが鳴れば悲鳴のような歓声が湧き、瞬く間にシンガロングへと広がっていく。改めて、キャッチーで、グッド・メロディで、粒ぞろいの曲たちだ。

シンプル・プラン @ TSUTAYA O-EAST  - Photo by Naoki OkudaPhoto by Naoki Okuda

よく1stアルバムにはそのバンドのすべてが詰まっていると言うが、まさにそんな褪せない輝きやエネルギーがほとばしるのを感じる。そのサウンドを全身に浴びながら、観客もまた15年前当時の感覚へと戻っていくのだろう。フロアを見回すとパンク・キッズの他にも、会社帰りと思しき人や親子連れの姿も見える。みな、笑顔で大合唱し、コブシを突き上げている、とてもいい光景だ。

MCでは、今や音楽やポルノも無料、なんて時代だけれど、15年前といえばiPhoneもFacebookもMyspaceもない頃だったと語り、メンバーもすっかりいいおっさんというか大人になったと笑いを誘っていたが(気づけば、5人ともにアラフォー)、はちゃめちゃなガキっぷりやノリの良さは変わらずなのも嬉しいところ。

シンプル・プラン @ TSUTAYA O-EAST  - Photo by Naoki OkudaPhoto by Naoki Okuda

「チャックさん!」というピエールの呼びかけに、チャック(Dr)のドラムが威勢よくスタートして“God Must Hate Me”へ、そしてジェフ(G)の華麗なギタープレイから“I Won't Be There”で一斉にフロアをジャンプさせると、ビーチボールがいくつも登場して“One Day”で、多幸感溢れる空間を生み出していった。

チャックがフロントでマイクを握り、ピエールがドラムにと役割を交代した“Grow Up”、そしてラストは観客がスマホのライトを灯す光の海のなかピエールがアコースティック・ギターを弾き語るメロウな“Perfect”を披露して、アルバム『NO PADS,NO HELMETS…JUST BALLS』の再現ライヴを締めくくった。

シンプル・プラン @ TSUTAYA O-EAST  - Photo by Naoki OkudaPhoto by Naoki Okuda

シンプル・プラン @ TSUTAYA O-EAST  - Photo by Naoki OkudaPhoto by Naoki Okuda

アンコールでは“Shut Up”などこれまでのヒットチューン7曲をプレイし、過去20回以上になる来日で、その都度習得してきたギャグに加え、最新のブルゾンちえみ with Bの「35億」も披露するサービスぶりで、最初から最後までこれぞシンプル・プランたるどんちゃん騒ぎとビッグスマイルで会場をいっぱいにした。(吉羽さおり)

シンプル・プラン @ TSUTAYA O-EAST  - Photo by Naoki OkudaPhoto by Naoki Okuda

〈SET LIST〉
1. I'd Do Anything
2. The Worst Day Ever
3. You Don't Mean Anything
4. I'm Just A Kid
5. When I'm With You
6. Meet You There
7. Addicted
8. My Alien
9. God Must Hate Me
10. I Won't Be There
11. One Day
12. Grow Up *ボーカルとドラムがチェンジして演奏
13. Perfect
---------
14. Shut Up
15. Jump
16. Boom!
17. Jet Lag
18. Summer Paradise
19. Crazy
20. Welcome To My Life

最新ブログ

フォローする