ポール・ウェラー、金を積まれてもジャムもスタイル・カウンシルも再結成しないと語る

ポール・ウェラー、金を積まれてもジャムもスタイル・カウンシルも再結成しないと語る

6月9日から新作『サターンズ・パターン』を引っ提げてアメリカ・ツアーに乗り出し、10月には来日も控えているポール・ウェラーだが、再結成には一切興味がないことをまた明らかにしている。

ザ・ガーディアン紙の取材に応えたポールはザ・ジャム、あるいはザ・スタイル・カウンシルを再結成させるつもりはないと「ぼくはノスタルジックな人間じゃないんだよ」と語っていて次のように説明した。

「この世の中には再結成をぼくにやらせるだけのお金はないんだ。ぼくは今が好きなんだ。今日、この日が好きなんだよ。もう掴み直せないようなものを掴み直そうと、それに時間を注ぐなんてことはやりたくないんだな」

また、新作については次のように語っている。

「反逆的なまでに21世紀的な作品だと思うよ。個人的にはこんな音を鳴らしている作品は世の中じゃほかを探してもどこにもないと思うし。でも、ぼくとしてはこれだけ長くやってきて、自分を前に進めてどんなところまで行けるのかってやってみてるだけの話なんだよ」

「ぼくのやってることは本質的にはポップ・ミュージックだし、その枠の中でできるだけ面白いものにしつつ、自分自身に対しても誠実なものにしようとしてるんだよ」

なお、ポールは記事の中でキャリアを通して「完璧な曲」を3つ書いたことがあるとも語っていて、その一つは1979年のザ・ジャムでの"ストレンジ・タウン"、95年の『スタンリー・ロード』収録の"ウィングス・オブ・スピード"、そして新作からの"ゴーイング・マイ・ウェイ"だという。

(c) NME.COM / IPC Media 2015
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする