THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!

  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け! - all pics by Viola Kam (V'z Twinkle)

    all pics by Viola Kam (V'z Twinkle)

  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け! - all pics by Viola Kam (V'z Twinkle)
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!
  • THE ORAL CIGARETTES、完全勝利のリベンジワンマンをレポート!新曲連打で2016年の堂々の幕開け!

2016年1月4日、THE ORAL CIGARETTESによるワンマン公演「唇リベンジワンマン 〜復活・返上・BKW!! の巻〜」がZepp DiverCityにて行われた。RO69では、この模様をライヴ写真とレポートでお届けする。

--------------------------

THE ORAL CIGARETTESの「唇リベンジワンマン 〜復活・返上・BKW!! の巻〜」。2015年7月14日、山中拓也(Vo・G)の喉の不調により公演を一時中断、内容を大幅に変更したあのワンマンライヴから約半年が経過して迎えた、2016年1月4日。あの日のリベンジを果たすべく、彼らは再びZepp DiverCityのステージに立った。

崩れ落ちるようにしてむせび泣く、半年前の山中の姿がスクリーンに映った直後、日本地図の映像に切り替わり、昨年のツアーで周った都市が順にマーキングされていく。東京のところで「2015.7.14 Zepp DiverCity」と大きく表示されたあと、その日付部分がカウントアップしていき、「2016.1.4」に。すると、「ジ オーラル シガレッツ」の巨大幕が登場し、深紅の照明のなか4人が現れた。1曲目は“GET BACK”。そう、「リベンジ SET」と名付けられた前半戦では、7月のワンマンで予定されていたセットリスト・演出がほぼそのまま再現されたのだ。とはいえ、ステージに立つのは全てを乗り越え受け入れた今の4人。当時のあの空気さえも切り裂くように鈴木重伸(G)が爆音を轟かせれば、想いだけが先走らないよう、あきらかにあきら(B・Cho)&中西雅哉(Dr)のリズム隊がバンドの手綱をガシッと握る。そして、山中。まるで助けを求めるようにフロアへマイクを向けていた半年前とは違って、その歌声に気合いを滲ませながら「全然聞こえへんわ!」「かかってこい!」と煽りまくる。そうだ、オーラルはこうでなくっちゃ。前へ前へドライヴしていくサウンドの渦中で、フロアの床が大きく揺れ続ける。山中が「ホンマに集まってくれてありがとう」とオーディエンスへ感謝を告げ、4人揃って深々お辞儀をするとフロアからはいくつもの「おかえり!」が。あの日ステージを下りてからの記憶がほぼないという山中は、マネージャーからの「今回のことで(お客さんが)ゼロになるかもしれない」という言葉だけは憶えているのだそう。「またゼロからやり直そう」とステージに戻ったが、蓋を開ければリベンジ公演はソールドアウトの超満員。なかなか拍手を止めないフロアに対し、「オーラルのファンはどうかしてるな」と笑顔を見せたのだった。

“踊り狂う人形”では鮮やかなソロ回しで会場を魅了し、“32歳童顔”では「7月に誕生日をこの曲で祝ってもらう予定だった」と中西がソロプレイで歓声を浴びて「俺の顔はー?」「32歳童顔!」コールまで敢行。さらに“大魔王参上”(2012年発売の自主制作盤より) →“Mr.ファントム”(2013年発売、初の全国流通盤『オレンジの抜け殻、私が生きたアイの証』より)→“起死回生STORY”(2014年発売のメジャーデビューシングル表題曲)とバンドの歴史を辿る「キラーチューン祭り」も完全版で届け、MCでは「7月のあの空気ではウケなかったから」と本田圭佑のモノマネに再挑戦……という数多くのリベンジのなか、特筆したいのがアコースティック編成での演奏。普段は盛り上げ役にまわることも多い“机上の空論に意味を為す”はテンポを落としてミディアムバラードに変身。“出会い街”はジャズ風のリズムも耳に楽しく、その曲調に呼応してか、山中のヴォーカルもいつになく艶やかだった。「楽しいときは楽しむ。泣きたいときは泣く。(オーラルのライヴが)そうやって感情を共有できる場であってほしい」と語る彼らの姿勢が限りなくシンプルな形で表れたこの2曲。いつもと異なり大人びた表情をまとう演奏にドキッとさせられたし、バンドの新たな可能性が窺えたのがとても良かった。

ブレイクタイムを挟み、ここからは「IXI SET」。ライヴの翌日1/5にリリースされたアルバム『FIXION』の収録曲を立て続けに披露した。レーザー光線がビュンビュン行き交うなか、Zepp DiverCity を埋め尽くす壮大なサウンドスケープ。曲のテイストはそれぞれ違えど、サウンドの真ん中に歌があるという点は6曲に共通していた。だからだろうか、曲の即効性とオーディエンスの吸収力の高さは目を見張るものがあり、山中が「歌える?」と問いかければ、それが新曲とは思えないほど大きな歌声がフロアから返ってくる。「2016年のオーラル、どうっすか?」と山中が尋ねた直後、沸き上がる拍手と歓声。バンド側もオーディエンス側も、ネクストモードのオーラルに確かな手応えを感じているようだ。

温かな多幸感で会場を包み込む“LIPS”がアンコールで演奏され、約3時間に及んだライヴは終了。「5年間、お客さんとの繋がりの濃さを求めてきた結果が今日のフロアで。このやり方でやってきてよかったなって思ってます」「お前らが好きなバンドは間違ってないって、俺らが証明するから!」——その道のりは決して平坦ではないが、歩き続けた過程のなかでバンドが得たものは大きい。揺るぎない信念と仲間への信頼を胸に、「リベンジ」のその先へ。ここから始まるオーラルの快進撃を確信した、新春一発目のライヴだった。(蜂須賀ちなみ)


■SET LIST
【第1部】
01.GET BACK
02.モンスターエフェクト
03.ハロウィンの余韻
04.N.I.R.A
05.踊り狂う人形
06.嫌い
07.透明な雨宿り
08.STARGET
09.mist...
10.カンタンナコト
11.机上の空論に意味を為す
12.出会い街
13.32歳童顔
14.大魔王参上
15.Mr.ファントム
16.起死回生STORY
17.エイミー
【第2部】
18.狂乱 Hey Kids!!
19.MIRROR
20.STAY ONE
21.気づけよBaby
22.A-E-U-I
23.Everything
(encore)
24.LIPS

--------------------------

最新ブログ

フォローする