奥田民生ら、世良公則の還暦記念ライヴに登場! “燃えろいい女”などをセッション

  • 奥田民生ら、世良公則の還暦記念ライヴに登場! “燃えろいい女”などをセッション
  • 奥田民生ら、世良公則の還暦記念ライヴに登場! “燃えろいい女”などをセッション
  • 奥田民生ら、世良公則の還暦記念ライヴに登場! “燃えろいい女”などをセッション
  • 奥田民生ら、世良公則の還暦記念ライヴに登場! “燃えろいい女”などをセッション
  • 奥田民生ら、世良公則の還暦記念ライヴに登場! “燃えろいい女”などをセッション
  • 奥田民生ら、世良公則の還暦記念ライヴに登場! “燃えろいい女”などをセッション
  • 奥田民生ら、世良公則の還暦記念ライヴに登場! “燃えろいい女”などをセッション
  • 奥田民生ら、世良公則の還暦記念ライヴに登場! “燃えろいい女”などをセッション
  • 奥田民生ら、世良公則の還暦記念ライヴに登場! “燃えろいい女”などをセッション
  • 奥田民生ら、世良公則の還暦記念ライヴに登場! “燃えろいい女”などをセッション

世良公則が、今月6日に福岡サンパレスホールで「世良公則 60th Anniversary LIVE『Birth』〜タカガウマレタヒ〜」を開催した。この公演は、世良の60歳記念イヤーに組まれた特別公演で、世良公則×GUILD9のバンドスタイルでのライヴは2011年以来となる。

開演予定のほぼ定刻に世良がステージ中央でギターを掻き鳴らし、シャウトする。これを合図にオレンジの照明が灯り、野村義男(Gt.)と共に客席ギリギリまで進み出て、ギターをストローク。オープニングナンバーは“good time, show time”。世良をはじめとしたステージ上の野村、神本宗幸(Key)、櫻井哲夫(B)、横瀬卓哉(Dr)は、居合の応酬のようなセッションを見せる。それに魅了された観客席では、世良と同世代かさらに年配の方まで全身でリズムをとり、拳を振り上げる。

ライヴ中盤、“Heart Is Gold”を歌い終えた世良が「素敵なロックンロール野郎を1人紹介しようと思います」と呼びこむと宮田和弥がアコースティックギターを手に登場。「子供の頃ツイストをテレビで観ていた」という宮田と世良は、JUN SKY WALKER(S)の“さらば愛しき危険たちよ”と世良の“あんたのバラード”を披露した。そして、つるの剛士を呼び込み、3人で“宿無し”をパフォーマンス。世良と宮田が披露したマイクスタンドアクションに対抗して、つるのはチャック・ベリーばりのステップを披露した。

その後、世良×GUILD9、つるの剛士で“銃爪”をプレイしたあと、奥田民生が登場。「チョコチョコ会うわりにステージで一緒に音楽を奏でるのは初めてだね」と世良が語ったあと、奥田が2人のために書き下ろした“「いつもの歌」世良公則feat.つるの剛士”を披露。さらに、世良×GUILD9、奥田民生の編成で、奥田が詞を提供したツイストの“からまわり”、世良がカヴァーしたこともある“さすらい”を演奏した。

アンコールでは、世良とツイスト時代からの盟友である神本による“とびきりとばしてRock'n Roll”の後、世良公則×GUILD9、奥田、宮田、つるのがステージに揃いローリング・ストーンズの“ジャンピン・ジャック・フラッシュ”をパフォーマンス。最後は、“燃えろいい女”を世良、奥田、宮田、つるのが熱唱。全員の呼吸を合わせて、最後の1音を締めた、と思ったら誰かが、《燃えろ》と、どす声で歌い出す。その繰り返しが5度本気で行なわれた。

最新ブログ

フォローする