焚吐、10代最初で最後の1stアルバム『スケープゴート』発売決定

焚吐、10代最初で最後の1stアルバム『スケープゴート』発売決定

焚吐が、2017年2月8日(水)に10代最初で最後の1stアルバム『スケープゴート』をリリースすることを発表した。

同作は、焚吐が10歳から19歳までに書き溜めた曲や10代で歌った曲から12曲が収録される。制作陣には、焚吐作品のアレンジの大半を手がけているNeru、3度目のタッグとなるカラスヤサボウが参加。テレビ東京『闇芝居 四期』のエンディングテーマ“夢負い人”など全12曲が収録される。

なお、初回盤の特典DVDには、クリエイター・りゅうせーが手がける“子捨て山”“てっぺん底辺”などアルバム未収録曲のミュージックビデオ7曲が収録される。

焚吐は以下のコメントを寄せている。

---------------------------------------------------
「スケープゴート」は、このために書き下ろした新曲はもちろん、百余りあるレパートリーの中から"今、世に出したい曲"を真剣に選びました。コミュニケーションが苦手なせいで普段なら表に出せない様々な感情を"音楽(スケープゴート)に託すことで吐露してきた自分には、最も合致するアルバムタイトルだと思っています。
---------------------------------------------------

リリース情報は以下のとおり。

●リリース情報
『スケープゴート』
発売日:2017年2月8日(水)

【初回限定盤】
品番:JBCZ-9049 ( 特典DVD品番:JBBZ-9049)
価格:¥3,900(税込)

【通常盤】
品番:JBCZ-9050
価格:¥3,000(税込)

収録曲(順不同):
・オールカテゴライズ
・ふたりの秒針
・青い疾走
・クライマックス
・僕は君のアジテーターじゃない
・夢負い人
・ティティループ
・黒いキャンバス
・彼方の明日
・グリンプス・グランパ
他 全12曲

初回盤 DVD収録曲(順不同):
ミュージックビデオ
・オールカテゴライズ
・子捨て山
・ふたりの秒針
・てっぺん底辺
・人生は名状し難い
・クライマックス
・僕は君のアジテーターじゃない
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする