マドンナ、テキサス州のラジオ局で全曲が放送禁止となる憂き目に

マドンナ、テキサス州のラジオ局で全曲が放送禁止となる憂き目に

テキサス州のラジオ局は、「ワシントン女性行進」でのマドンナの発言を受け、マドンナの曲全てを放送禁止にした。

このラジオ局HITS105はマドンナがマーチでのスピーチで何度もファックと言い、ホワイトハウスを爆破するとの発言を認めたことを問題視した。同局はフェイスブックで以下のように声明を発表した。

「マドンナの全曲を放送禁止にしたのは政治的な理由や愛国心からではない。マドンナがアメリカ人としての感情を見せなかったため、マドンナの曲をかけて著作権利用料を払うのが間違っていると思ったからだ。マドンナの曲をかける全てのラジオ局が私たちのようにリードを取ればマドンナに経済的なメッセージを送ることができると思う」

マドンナはマーチでのスピーチで「私は怒っている。本当に起こっている。ホワイトハウスを爆破しようと強く思った。でもこんなことしても何も変わらない。私たちは悲しみにくれてはいけない!」と述べた。

マドンナはその後、インスタグラムのポストでこの自身のコメントについて一部が拡大され、ゆがんでいるとして「私は攻撃的な人間ではないし、暴力を推進しない。私の本旨から大分離れているスピーチの一部を取り上げるよりも、全体を聞いてもらうことのほうが重要よ。そのスピーチは『私は愛の革命をおこしたい』で始まったの」とコメントした。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする