【グラストンベリー】ピーター・フック、英テロと火災被害者へ1分間の黙祷を呼びかけ

【グラストンベリー】ピーター・フック、英テロと火災被害者へ1分間の黙祷を呼びかけ

6月21日から25日(現地時間)にかけてイングランドのピルトンにて開催されたグラストンベリー・フェスティバルだが、現地時間23日(金)のフェスティバルは1分間の黙祷から始まったという。

この黙祷は、マンチェスターとロンドンでの2件のテロ事件とグレンフェル・タワーの火災の被害者に対して捧げられたもので、ピーター・フックハッピー・マンデーズのロウェッタ・サッチェルの呼びかけにより行われた。
主催者のマイケル・イーヴィスがピーター・フックにこの件を提案し、実現したのだという。

この黙祷に関しては事前にグラストンベリーの公式ツイッターでアナウンスされていた。

「金曜日の午前10時40分、ピラミッド・ステージにて、マンチェスターとロンドンの事件で被害を受けた方々への1分間の黙祷を行います」

また、本サイトでも紹介した通り、ピーター・フックの娘がアリアナ・グランデのライブを観に行っていたことも本人の公式ツイッターで明らかにされていた。

ピーター・フック、爆発事件が起きたアリアナ・グランデの公演を娘が観に行っていたことを明かす
5月22日(日本時間23日朝)に起きたアリアナ・グランデのコンサート後の会場爆発事件。マンチェスター市内中心部に位置するマンチェスター・アリーナで行われた同コンサート後に起きた爆弾テロ事件による被害者は、現時点で死者が22名、負傷者が59人にのぼっている。 同コンサートは約2万人収容の会…
ピーター・フック、爆発事件が起きたアリアナ・グランデの公演を娘が観に行っていたことを明かす

なお、黙祷の様子は「マンチェスター・イブニング・ニュース」の公式サイトで観ることができる。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする