【フジロック総復習レポ・2日目】エイフェックス、LCD、小沢健二、コーネリアスなど

【フジロック総復習レポ・2日目】エイフェックス、LCD、小沢健二、コーネリアスなど

2017年7月28日(金)~7月30日(日)に新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催された「FUJI ROCK FESTIVAL '17」。本日もrockinon.com編集部スタッフが実際に現場で目撃した内容をもとに、それぞれの日の主要なアクトをレポートしていく。

本日お届けするのは、3日間の中で最も不安定な天候の中行われた2日目の模様。1日目から続く雨の影響で足元が悪く、レインブーツを泥だらけにしながらお目当てのステージへと進む。しかしそんな環境も気にならないほどパワフルなアクト続きだった2日目のレポ、まずはフジロック初登場、6月にデビュー・アルバムをリリースしたばかりの新人ジ・アマゾンズから。

期待通りのロック・ミュージックを鳴り響かせたジ・アマゾンズは、初登場に臆することなく圧のあるギター・ロックをもって満杯のレッドマーキーを揺らした。王道ロックに安心感を抱きつつ、ほとばしる才能には随所で圧倒される。テントの外では雨が激しく打ちつけていることを忘れてしまう小一時間の間、率直であるということが持つ強さを思い知らされた。


そして、10-FEETがホワイト・ステージに登場。開演後すぐに、ステージ前を埋め尽くした観客たちによるモッシュが始まっていた。定番の“RIVER”などを交えつつアゲにアゲるセットリストで、会場のボルテージはうなぎ登りに上がっていく。終盤、“アンテナラスト”や“ヒトリセカイ”でTAKUMA特有のシャウトを交えたボーカルをしんみりと聴かせつつ、ラストは“goes on”。またもや観客を興奮の渦に巻き込み、パワフルな空気の中アクトを終えた10-FEETだった。

続いてはデビュー20周年を迎えたCoccoのグリーン・ステージ。白いドレスを身にまとい、裸足で現れたCoccoには雨がよく似合う。“けもの道”からスタートし、“有終の美”がラストを飾ったファン歓喜のセットリストに対し、随所で周りから感嘆のため息が漏れ出るのが聞こえる。細かい雨が降り注ぐ苗場には、“Raining”があまりにも相応しすぎた。妖しくも圧倒的な存在感を背負ったあの細い身体には、メインステージでさえ不思議と小さく見えたのは気のせいだろうか。奇を衒った演出や衣装は用いず身体ひとつで当たってくる彼女は瞬きの瞬間すら惜しいほどの魅力に溢れ、あの大きなグリーン・ステージを彼女色に染め上げてしまったのだった。

開始前のホワイト・ステージで雨に打たれながら、「晴天の下で聴きたかった!」と心の中で叫んでしまっていたChronixxのアクト。ほとんどの曲の間目を閉じて歌っていたように見えたChronixxの頭の中には、快晴の苗場の画が浮かんでいたのだろうか。ヒット曲を連発し、翌日30日のヘッドライナーとして登場したメジャー・レイザーとのコラボ曲“Blaze Up The Fire”まで聴かせてくれたセットリストは終始、会場の端々まで届くチアフルでピースフルな雰囲気の中幕を閉じた。

そして再びグリーン・ステージへ。昨年レッドマーキーに出演予定だったものの、急遽キャンセルとなってしまったアヴァランチーズの待望のフジロック出演だ。初っ端から最新アルバム『ワイルドフラワー』の収録曲“Because I’m Me”と“Frankie Sinatra”というハッピーなトラックを立て続けに投入。頻繁に観客側にマイクを向けつつ、アヴァランチーズらしいコラージュの溢れ返る奇妙なVJと共にこちら側を巻き込んでいく。引用、そして継ぎ接ぎだらけのコラージュ祭りに脳が喜んだ1時間だった。

50k people dancing in the rain @fujirock_jp we will never forget you! Thank you!

The Avalanchesさん(@theavalanches)がシェアした投稿 -


遅ればせながら初見となったザ・レモン・ツイッグスはレッドマーキーに出演。こんなに聴かせる2人だとは意表を突かれた。60年代、70年代のロック・スターの格好をしたポップ・ミュージシャンだと思っていたら、2人はそのスタイルをすでに独自のものとして自らに落とし込んでいた。静のマイケルと動のブライアンでバランスの取れたダダリオ兄弟が鳴らすロック・ミュージックには、作りものでないクラシカルを感じる。『ドゥ・ハリウッド』収録の“I Wanna Prove To You”からラストの“Queen of My School”まで、ザ・レモン・ツイッグスの2人はその疑いようのない才能を切れ間なく炸裂させていた。

ここでグリーン・ステージにコーネリアスが登場。小山田圭吾他、メンバー3人が揃って白のシャツに黒のパンツという出で立ちで現れた瞬間、肌寒くなってきたグリーン・ステージに少しの緊張が走った。全14曲の演奏の間、ほとんどすべての音色が彼らの手によってその場で紡ぎ出されていく。その演奏の技術に驚かされつつ、ジオメトリックなVJも手伝ってか時折幻想の中にいるような気持ちを抱いてしまう。“あなたがいるなら”で終演を迎えたコーネリアスのグリーン・ステージは、横1列に清々しく整列した4人の健やかな笑顔と共に幕を閉じた。

【フジロック総復習レポ・2日目】エイフェックス、LCD、小沢健二、コーネリアスなど

次のページ小沢健二やエイフェックス・ツイン、LCDサウンドシステムが登場

最新ブログ

フォローする