のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - 鈴木慶一&のん/PHOTO:TEAM LIGHTSOME鈴木慶一&のん/PHOTO:TEAM LIGHTSOME
今年で10年目を迎えた音楽イベント「WORLD HAPPINESS 2017」が、8月6日に東京・葛西臨海公演 汐風の広場にて6時間以上にわたって開催された。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - 岡崎体育岡崎体育
12:30。オープニングコールもないところに岡崎体育が登場。かと思うと、爆音のリズムに乗せて身体を揺らせながらの熱演に、会場は一気に岡崎ワールドに。関西弁混じりのMCで客席を笑いに誘いながら、聴衆も引き込まれていった。

オープニング映像が流れると、ステージにはキュレーターの高橋幸宏いとうせいこうのふたりが登場して開会宣言。この日は広島原爆の日。9000人の観客と共に1分間の黙祷。会場が静謐な空気に包まれた。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - コトリンゴコトリンゴ
のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - コトリンゴ&のんコトリンゴ&のん
続いてコトリンゴのステージが静かに始まる。中盤、「この日は8月6日なので心を込めて歌いたいと思います」と言って始まったのは“悲しくてやりきれない”。ワンフレーズ歌ったところで「スペシャル・ゲスト、のんちゃんです」と紹介されたのんが、緊張した面持ちで登場。この曲はコトリンゴが音楽を担当し、のんが声優を務めた映画『この世界の片隅に』のオープニング曲。コトリンゴ、続いてのんが1コーラスずつを歌い、最後はふたりでデュエット。会場もふたりの共演に聴き入っていた。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - 宮内優里宮内優里
のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - NulbarichNulbarich
のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - 関取花関取花
続いて過去に高橋幸宏と共演したこともある宮内優里が登場、海辺に電子的が響き渡った。そしてNulbarichがブラック感溢れる心地よいグルーヴでグイグイと客席を惹きつけ、関取花は「ワーハピは日本一民度の高いフェスだと思います!」と語り、“私の葬式”と“もしも僕に”の2曲を演奏した。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - いとうせいこういとうせいこう
のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - いとうせいこう&スチャダラパーいとうせいこう&スチャダラパー
DUBFORCEのメンバーとともに登場したのは、キュレーターのいとうせいこう。中盤からはスチャダラパー高木完も合流し、「裏打ちリズムと一緒にやったことないんですけど」とコメントし、タイニー・パンクスの“MONEY”を披露。ラストは「みなさんもよく知ってるこの曲で!」と“今夜はブギーバック”が演奏された。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - ZONBIE-CHANGZONBIE-CHANG
のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - GLIM SPANKYGLIM SPANKY
のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - GLIM SPANKYGLIM SPANKY
大きなメキシカンハットを被ってLEFT STAGEに現れたZOMBIE-CHANG。続き、CENTER STAGEではGLIM SPANKYが60s~70sのロック黄金期を彷彿させるサウンドで客席を圧倒した。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - みうらじゅんみうらじゅん
ギター1本を携えてLEFT STAGEに登場したのは、みうらじゅん。ギターをかき鳴らしながら歌い、最後は「暑いのでクリスマスの唄を歌います!」とクリスマス曲を披露した。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - くるりくるり
のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - くるりくるり
15:55、くるりが登場。“ワールズエンド・スーパーノヴァ”のイントロが演奏されるや「オオーッ!」と場内から歓声が上がる。“琥珀色の街、上海蟹の朝”ではラップも披露し“Liberty & Gravity”で30分のステージを終えた。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - 竹中直人竹中直人
竹中直人は、自身のオリジナル(曲・玉置浩二)からスタート。加えて中学生の頃から慕うという忌野清志郎のカバー“いい事ばかりはありゃしない”、そして同名映画のテーマ曲でもある『サヨナラCOLOR』(SUPER BUTTER DOG)で締めくくった。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - 電気グルーヴ電気グルーヴ
のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - 電気グルーヴ電気グルーヴ
続いて「こんにちは、イエローマジックオーケストラです」という挨拶から電気グルーヴが登場。「そして全てのテクノの産みの親、電気グルーヴです」という自己紹介を終え、キュレーター高橋幸宏をネタに使った映像演出も行われた。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - TOWA TEITOWA TEI
LEFT STAGEのラストはTOWA TEI。出演アーティストに絡んだ楽曲を盛り込んだプレイリストが披露された。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - 高橋幸宏高橋幸宏
そして最後の出演アーティスト、高橋幸宏。「今日は80年代の曲とかをグチャグチャにやりますよ!」という宣言通り、“今日の空(1985)”、“音楽殺人(1980)”、“My Bright Tomorrow(1983)”といった80年代のナンバーが並ぶ。中盤には鈴木慶一が加わって、THE BEATNIKSコーナーに。デビューアルバム収録の“No Way Out(1981)”を聴かせて聴衆を盛り上げた後は、新曲を2曲披露した。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - 高橋幸宏&鈴木慶一&のん高橋幸宏&鈴木慶一&のん
そして、のんが再びステージに。幸宏から「本来はロックの人なんだよね!」と紹介されたのんは、赤いテレキャスターを持って登場。見るからに緊張している彼女に「思いっきりいって!」と幸宏が送り出せば、鈴木慶一は「冥土の土産だな、こりゃ」とコメント。曲はサディスティック・ミカ・バンドの“タイムマシンにおねがい”。歌詞にちなんでティラノザウルスの尻尾を付けたのんが、イントロのギター・リフを弾き始めた。1曲だけの参加だったが、インパクトを残し、この日のハイライトの1つとなった。

のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - いとうせいこう&METAFIVEいとうせいこう&METAFIVE
そしてラストはキュレーターいとうせいこうが再び登場。サポートは、この1曲だけのために集まったMETAFIVEの面々。せいこうも「こんな豪華な方々をバックに僕がラップ演ります!」と、タイニー・パンクスの“東京ブロンクス”がスタート。曲が終わるとのんを始め幸宏バンドのメンバーもステージに集結。いとうせいこうが「また来年ね!」と呼びかけ、6時間15分に及んだワールドハピネス10周年記念の公演が終了した。
のん、ワーハピ初登場。緊張の姿を見て高橋幸宏が「思いっきりいって!」と激励 - 全員集合全員集合

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする