カサビアンのサージ、グラストンベリー出演前に行った意外なリラックス法を告白

カサビアンのサージ、グラストンベリー出演前に行った意外なリラックス法を告白

ニュー・アルバム『フォー・クライング・アウト・ラウド』を5月にリリースし、「サマーソニック 2017」(出演は東京のみ)、及び「ソニックマニア」での来日を控えるカサビアンだが、サージ・ピッツォーノがライブ前のリラックス方法について語ったようだ。

英音楽誌「DIY」のインタビューに答えたサージは、2014年にグラストンベリー・フェスティバルに出演した際、緊張をほぐすためノエル・フィールディングと共にジェローム・K・ジェロームの1889年の著書、『ボートの三人男』のオーディオ・ブックを聴いていたことを明かした。

「本番前、俺はノエル(・フィールディング)と『ボートの三人男』のオーディオ・ブックを聴いてたんだ。想像できる? 俺たちは(ツアー・バスに)寝転がって、涙を流しながら笑いまくってたんだよ。(中略)2人で並んで寝転んで、真ん中にケータイを置いて、『こりゃ最高だぜ』なんて言ってさ。気持ちを落ち着かせたいなと思ってね」と語ったサージは続けて、「落ち着き払ってたいもんだよね。ブラック・レザーを着て、漆黒の夜に窓の外に立ってるエルヴィス・プレスリーみたいにさ」と話した。

カサビアンは8月19日、サマソニ東京のマウンテン・ステージのトリを務める他、8月18日に行われるソニック・マニアにも出演する予定だ。

関連記事はこちら。

カサビアンのサージ、「最もポジティブな」最新作に秘められたドラマを語る!
カサビアン3年ぶりの新作『フォー・クライング・アウト・ラウド』がリリースされた。本作はサージ・ピッツォーノのロックンロール愛が炸裂し、ポジティブな昂揚を生み出している「ギター・サウンド回帰」のアルバムといえるだろう。 5月1日(月)発売の『ロッキング・オン』6月号では新作についてサージが…
カサビアンのサージ、「最もポジティブな」最新作に秘められたドラマを語る! - 『rockin'on』2017年6月号より

カサビアンのサージ、「最もポジティブな」最新作に秘められたドラマを語る!後編
3年ぶりの新作『フォー・クライング・アウト・ラウド』がケンドリック・ラマーもゴリラズも打ち破れなかったエド・シーランの『÷(ディバイド)』の連勝記録をストップさせ、全英アルバム・チャート1位を獲得したことでも話題になったカサビアン。 6月1日(木)発売の『ロッキング・オン』7月号では新作…
カサビアンのサージ、「最もポジティブな」最新作に秘められたドラマを語る!後編 - 『rockin'on』2017年7月号より

最新ブログ

フォローする