クリス・コーネルの妻ヴィッキー・コーネル、クリスの記念碑を制作中であることが明らかに

クリス・コーネルの妻ヴィッキー・コーネル、クリスの記念碑を制作中であることが明らかに

クリス・コーネルの妻ヴィッキー・コーネルが、クリスの記念碑の制作に動いていることが明らかになった。

「シアトル・タイムズ」によると、ヴィッキー・コーネルはすでに記念碑のデザイナーと彫刻家を雇っており、デザインも決定しているのだとか。

彫刻家のウェイン・トスという人物は、ロサンゼルスにあるジョニー・ラモーンの彫像も手掛けたのだという。

ヴィッキーは「デザインはすでに受け取ったんだけど、私も子どもたちもとても気に入ったわ」と話しているようだ。

制作には約7ヶ月を要する予定とのことで、シアトル内の設置場所はまだ決まっていない。

ヴィッキーはこの記念碑の制作について、「クリスはシアトルの息子のような存在。彼を地元に帰して、称えたいと思ったの。ファンの皆さんの愛とサポートと共にね」と語っているという。

関連記事はこちら。

クリス・コーネルの妻ヴィッキー、虐待児童などを支援する音楽セラピーを開設
現地時間5月17日に自殺したサウンドガーデンのクリス・コーネルの名前を冠した音楽セラピーがシアトルの児童支援団体で開設されることが明らかになっている。 クリスにちなんだ、クリス・コーネル音楽セラピー・プログラムは5歳までの児童を支援している団体「Childhaven」で実施されること…
クリス・コーネルの妻ヴィッキー、虐待児童などを支援する音楽セラピーを開設

最新ブログ

フォローする