セカオワ、DNCEの楽曲“グッド・デイ”をリミックス。歌を聴かせるようなアレンジに

セカオワ、DNCEの楽曲“グッド・デイ”をリミックス。歌を聴かせるようなアレンジに
SEKAI NO OWARIがDNCEの“グッド・デイ”をリミックスした“グッド・デイ remixed by End of the World (SEKAI NO OWARI)”が公開された。


DNCEとSEKAI NO OWARIは、昨年DNCEが初来日した際に出会い意気投合。一緒に食事をしたりスタジオセッションをする様子がSNSで公開されるなど親交を深めていたが、そんな中DNCE側から同楽曲のリミックス制作をSEKAI NO OWARIに依頼し、今回のリミックスが実現した。

このリミックスについてSEKAI NO OWARIは「バンドサウンドの曲だったので、バンドサウンドの音というよりも、ちょっとデジタリックな音を使ってみたりとか。あとコードが“グッド・デイ”はパーティチューンで、凄く明るくて、みんなでワー!って歌うような感じ。そこをちょっとシットリさせて、歌を聴かせるようなアレンジにしたら面白いかなと思って、そういうところを意識して作りました」とコメント。DNCEは「あのリミックス、凄く気に入ったよ。僕らの“歯ブラシのうた”に通じるところもあって、そういう意味でも最高じゃないかな。彼も言ってたように、曲の持ってるフィーリングをより上手く引き出している。マスター前の段階で聴いたけど、凄くいいサウンド。僕らも感謝してるよ」と語った。

なお、同曲は10月25日(水)にリリースされるDNCEのアルバム『DNCE -ジャンボ・エディション-』に収録される。

最新ブログ

フォローする