ジミ・ヘンドリックスが一般女性に宛てたラブレターが競売に。ギター弦の袋の裏に書かれたメッセージとは?

ジミ・ヘンドリックスが一般女性に宛てたラブレターが競売に。ギター弦の袋の裏に書かれたメッセージとは?

ジミ・ヘンドリックスの死から約47年が経つが、ジミがある女性に送ったラブレターがオークションに出品されることが明らかになった。

この女性、アンシア・コーネルは、1967年当時、19歳の時にジミ・ヘンドリックスからラブレターを受け取ったのだという。当時のボーイ・フレンドが所属していたバンドがジミ・ヘンドリックスのサポート・アクトを務めたことがあり、そのライブ会場でギターの弦のパッケージの裏に書かれたメッセージを手渡されたのだとか。


ラブレターには「アンシアへ。永遠の愛とたくさんのキスを君に。君ともっとちゃんと話せたらどんなに良かったか。ずっと可愛らしいままでいてね。ジミ・ヘンドリックス」と書かれている。

アンシア・コーネルは当時を振り返り「私はみんながステージのセッティングをしている間、座って待っていたの。そしたらステージにいた彼がどこからともなく私の方に歩いてきたのよ。私に話しかけてきたけれど、憧れの人だったからショックが大きくて、何を話したのかはもう覚えてないわ。私なんて恐れ多すぎて。ジミ・ヘンドリックスなんて、素晴らしいアイコンでしょ」と話し、以下のように続けた。

「彼はステージに戻って、バンドのメンバーに何か書くものはないかって聞いてたわ。そしたらギターの弦のパッケージを持ってまた戻ってきたの。それでそのパッケージの裏に、この素敵なメッセージを書いてくれたのよ」

なお、このラブレターはイングランドのダービーシャーにあるオークション・ハウスにて10月23日にオークションに掛けられる予定だ。「Radio X」によると、落札額は2000ポンドから3000ポンド(約28万円から42万円)になると予想されているという。

最新ブログ

フォローする