Mrs. GREEN APPLE『WanteD! WanteD!』が「真のポップバンド」への大いなるステップである理由

Mrs. GREEN APPLE『WanteD! WanteD!』が「真のポップバンド」への大いなるステップである理由
2015年のデビューからバンドシーンの最先端を常に更新し続け、今年に入ってからも連ドラやアニメのタイアップなど破竹の勢いを見せるMrs. GREEN APPLEのニューシングル。今回のシングルにはドラマ『僕たちがやりました』のオープニングにも起用された、イントロから耳を引くテクノサウンドと砂糖菓子の弾丸のようなシンセサイザーが印象的な表題曲“WanteD! WanteD!”、ロックバンドらしく疾走感溢れるギターとカラフルなキーボードサウンドの共存が小気味良いアニメ『ナナマル サンバツ』タイアップ曲“On My MiND”、そして以前からライブでも弾き語りの形で披露されていた情感豊かなバラード“光のうた”の3曲が収録されている。


特に表題曲“WanteD! WanteD!”は、昨年発売のシングル『サママ・フェスティバル!』から顕著になった彼らの「ポップ性」が、さらなるバリエーションを手に入れたことがよくわかる楽曲になっている。この曲は、若い頃――特に10代の頃に強く感じる「大人になるのが怖い」、「大人になることから逃げていたい」、「でもいつかは大人にならなきゃいけない」といった焦燥感を歌った楽曲。今までのミセスならばゴリゴリのロックチューンで勝負しそうな毒の効いたテーマだが、この曲ではあくまでメルヘンチックさすら感じるポップな表現に振り切っているのが印象的だ。それはきっと、彼ら自身が場数を踏むことによって演奏力やアレンジ力をよりいっそう身につけ、さらに大森元貴(Vo・G)の歌の表現力も格段にアップすることによって「ポップ」と言う武器1本でも色々な表現が出来るようになったからではないかと思う。

ロックはその性質上、歪んだギターやシャウトボーカルなどを駆使することで「格好良さ」、「攻撃性」を表現しやすい音楽ジャンルだ。しかし、反面攻撃的すぎてとっつきにくい点も否めないと思う。その点いわゆるポップソングはロック程の攻撃性を表現することは難しいかもしれないが、楽しげなシンセサイザーの音色やメジャーコードの多用などによって幅広い世代の耳に馴染みやすく、親しみやすい楽曲を作ることが出来る。明るく賑やかな「ポップソングらしい」テーマを堂々と表現した“サママ・フェスティバル!”で「ポップ」の作法を完全に体得したミセスは、それを最大限に活用し、自分たちが今まで「ロック」という武器を使って表現してきた攻撃性を、より幅広い層のリスナーに届けることを選んだのだ。しかも、バンドサウンドや大森の歌声が明るく元気に弾けていく程に、歌詞のダークさが際立っていくのがまた面白い。

《だんだん快感になってきたよ/ツマラヌ オトナドモ/気高く保守的なだけね/でもとりあえず踊りましょう》

これは2番Aメロ冒頭の歌詞だが、可愛らしいテクノ風のサウンドには似つかわしくない程に剥き出しの反抗心と批判精神がたったの4行にこれでもかと詰め込まれている。しかし大森のUKインディーアイドルを彷彿とさせるイングリッシュライクなボーカルスタイルでこのフレーズを歌われると、一瞬だが「まさかそんなに攻撃的なことは歌っていないだろう」と思わされてしまう。しかしよくよく聴くと、歌詞にはこの部分だけでなく、なかなか尖った言い回しが多用されていることに気づくだろう。何気なく聴いているとすんなり耳に馴染んでくる明るさがあるが、聴き込む程に、歌詞を読む程に、攻撃性が炙り出されてくるのが恐ろしい。

以前より世間への批判精神と冷静な眼差しは大森元貴のソングライティングの大きな魅力のひとつではあったが、わかりやすく攻撃的なロックと言う武器を使っていた時よりも、よりいっそうその鋭さを増しているような気すらしてくる。歌詞に関しては曲の主人公が明確になったと言うのも大きな変化と言って良いだろう。今までの彼らだったならもっと大人びた言い回しで普遍的なメッセージを歌うところを、あくまでも若者の心理を描き出す方向に特化している。その点はこの曲に限らず最近の彼らの楽曲の特徴的なところだが、思えばそれも“サママ・フェスティバル!”が出発点で、20歳を迎えた大森がその人生経験を通して自分自身の「若さ」と客観的に向き合うことが出来るようになったのが大きな理由なのではないかと思う。言わば現代の若者代表である大森自身の等身大の「幼さ」、「若者らしさ」を、歌詞の中で表現することに抵抗がなくなったのだろう。リスナーとしてもより感情移入しやすく、親しみやすい楽曲になっていると思う。

彼らは以前からインタビューなどで「ポップバンドになりたい」と宣言している。そんな彼らにとってはこのシングルは明らかに成功だし、今後ライブでもキラーチューンのひとつになるんじゃないだろうか。このシングルは、ミセスが「真のポップバンド」へと成長するための大いなる一歩だと思う。

さあ、あなたはどう聴く?(イガラシ文章)

最新ブログ

フォローする