【速報】酸欠少女さユり、赤坂BLITZを未来への方舟に変えた夜

【速報】酸欠少女さユり、赤坂BLITZを未来への方舟に変えた夜
全公演ソールドアウトとなった“酸欠少女”さユりの全国ツアー「ミカヅキの航海2017 ~夜明けの全国ツアー編~」の追加公演、赤坂BLITZワンマン。
観る者すべての魂のフィルターを全開放するような圧倒的な覚醒感に満ちた熱唱が、アルバム『ミカヅキの航海』とそのツアーを通してさらに訴求力を増していただけでなく、「歌で人を『その先』へ導く」ということに対してよりいっそう意識のフォーカスが定まっていることが、この日の渾身のアクトからも十分に窺えた。

「今日はこの赤坂BLITZ、一隻の大きな船だと思ってくれたら嬉しいです」
さユりはライブ序盤にそんなふうに呼びかけていた。自分はどこから来て、そしてこの会場を出てからどこへ向かうのか、ということを考えながら楽しんでくれたら嬉しい、と。そんな言葉と相俟って、BLITZ満場のオーディエンス丸ごと未来へと誘う方舟に乗り合わせたような感覚を、この日集まった誰もが感じていたことと思う。

ライブの内容は改めて詳しく書かせていただくが、ライブ終盤に「私たちひとりひとりが、その先の光をちゃんと信じて歩いていけるように、私が歌を歌います」と決然と語っていたさユりのMCが、この日の歌声とともに今もまだ脳裏に焼き付いている。それがどういう文脈での言葉なのかは、後日公開のライブレポートにてご一読を。(高橋智樹)

最新ブログ

フォローする