【速報】BABYMETAL「巨大キツネ祭り in JAPAN」たまアリ2日目、燃え盛る歓喜の絶景を観た

【速報】BABYMETAL「巨大キツネ祭り in JAPAN」たまアリ2日目、燃え盛る歓喜の絶景を観た
さいたまスーパーアリーナ満場の情熱と歓喜が壮大な渦を巻く、この上なく幸せな絶景。
ライブハウスを舞台に展開されてきた「5大キツネ祭り in JAPAN」を経て、たまアリ&大阪城ホール各2Daysという規模で開催中の「巨大キツネ祭り in JAPAN」はまさに、BABYMETALの3人が僕らに何を与えてくれているのかを明確に象徴するものだった。

ライブハウスを舞台に行われてきた「5大キツネ祭り in JAPAN」の10代限定「金キツネ祭り」で観た時には、BABYMETALと同じ時代に青春期を迎えている少年少女に抑え難い嫉妬を覚えながら観ていた。
でも、たまアリ2日目となる今日のステージを観ていて僕は、40代半ばに差し掛かった自分が10代20代の頃にロックに求めていた熱量と、今のBABYMETALが表現しているものとが、ほぼ誤差なく重なりつつある――ということを確かに感じていた。そんな途方もない地平に、今のBABYMETALは立っている。その事実に終始胸が熱くなりっ放しだった。

フードコートでの小舞台からついにスタジアムまで駆け上がったサマソニMARINE STAGEでのアクトも最高だったが、この日のワンマンの空間に吹き荒れた会場一丸の魂の咆哮は紛れもなく、ホーム=ワンマンならではの充実感に満ちたものだ。大阪2Days後のタイミングで、ライブの模様を改めてレポートします。(高橋智樹)

最新ブログ

フォローする