スティーリー・ダン、故ウォルター・ベッカーの追悼として22年ぶりに“Book Of Liars”を演奏

スティーリー・ダン、故ウォルター・ベッカーの追悼として22年ぶりに“Book Of Liars”を演奏

9月3日に逝去したウォルター・ベッカーの死後初めてとなるツアーに乗り出しているスティーリー・ダンが、ウォルター・ベッカーの追悼として“Book Of Liars”を演奏したことが明らかになった。

“Book Of Liars”は1994年にリリースされた故ウォルター・ベッカーの1stソロ・アルバム『11 Tracks of Whack』の収録曲だ。「Stereogum」によると、スティーリー・ダンが同楽曲の演奏をするのは22年ぶりなのだという。

スティーリー・ダンのドナルド・フェイゲンはステージの下手側に目線を向けつつ「(ウォルターが)いつもそこに立っていたから、何だか不思議な感じがするんだ」と前置きをしたあと演奏を始めた。

この日の演奏の様子は、一般のアカウントによりYouTubeに公開された映像で見ることができる。
https://www.youtube.com/watch?v=q_Y1JIOyRQY

なお、ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーは1967年に大学で出会い、その後約50年に渡り活動を共にしている。
以下の記事では、ウォルター・ベッカーの死に際しドナルド・フェイゲンが発表した追悼文を紹介しつつ、ウォルター・ベッカーのキャリアを振り返っている。

【追悼ウォルター・ベッカー】スティーリー・ダンでの成功と挫折、そして復活の道のり
9月3日、スティーリー・ダンのウォルター・ベッカーが67歳で亡くなった。1967年に始まるドナルド・フェイゲンとの歩みを、「The Guardian」などの記事を引用しつつ振り返っていきたい。 ウォルターの逝去の報は公式サイトで明らかにされており、死因など詳細については明らかになって…
【追悼ウォルター・ベッカー】スティーリー・ダンでの成功と挫折、そして復活の道のり

最新ブログ

フォローする