エレファントカシマシ、サラリーマン演じる宮本がMVで断髪

  • エレファントカシマシ、サラリーマン演じる宮本がMVで断髪
  • エレファントカシマシ、サラリーマン演じる宮本がMVで断髪 - 『RESTART/今を歌え』

    『RESTART/今を歌え』

  • エレファントカシマシ、サラリーマン演じる宮本がMVで断髪
  • エレファントカシマシ、サラリーマン演じる宮本がMVで断髪 - 『RESTART/今を歌え』
エレファントカシマシが11月8日(水)にリリースするニューシングル『RESTART/今を歌え』より、“RESTART”のミュージックビデオを公開した。


このビデオは、誰しもが持つ夢や願望を信じて疑わない主人公のサラリーマンを宮本自身が演じている。ロックスターにあこがれている主人公。サラリーマンの彼が帰宅し、鏡と向き合うと、夢の中で彼の願望世界であるロックスターになっているという設定となっている。

宮本本人が、裸で金箔を体に塗り、アコースティックギターをかき鳴らし、メイクをして着飾ったロックスターを演じ、さらには、サラリーマンが変貌する姿の象徴として、本当に自身の髪を自分自身で切り落とすというシーンが映し出されている。なお、監督は前作“風と共に”と同じく、数多くのエレカシ作品を手がけてきた丹修一監督。

この“RESTART”のミュージックビデオは、シングル『RESTART/今を歌え』の初回限定盤にのみDVDとして収録される。


【MV監督:丹修一コメント】
“人”には、自身で願い続けている想いがあったり、まだ誰にも知らせていない羨望があったりするのかもしれない。そして、何かに照らし合わせてその想いを測り、これでいいのかな、、こんなんじゃダメかも、、と判断しようとする。その何かって ”普通は、、” という価値観だったりするけど、このMVの主人公は自身の願いを信じて疑わない。狂信的にすら映る男の姿は神々しくもある。その願い・想いは、誰かや何かのためであってもいいし、自分自身のためであってもいい、ただ、信じたなら進め、そして遂げろ、と男は吠える、、、そんな人物像を宮本氏と一緒に設定し撮影に挑みました。自身を信じる勇気、伝わると嬉しいです。


最新ブログ

フォローする