【速報】乃木坂46の東京ドーム公演、笑顔と涙の蕾が開いた6年分の「ありがとう」をこの目で観た

【速報】乃木坂46の東京ドーム公演、笑顔と涙の蕾が開いた6年分の「ありがとう」をこの目で観た
「ありがとう」――メンバー全員から、そして彼女たちの勇姿をその目に焼き付けようと全国から駆けつけた5万人のファンから、その5文字が何度も聞こえた。

乃木坂46が7月から敢行した「真夏の全国ツアー2017」のファイナル公演は、ここ東京ドームにて幕を下ろした。グループにとって初の東京ドームで開催されたライブには2日間で延べ10万人が集まったというが、正直、数字や規模は乃木坂46の魅力を語る上で特別重要なことじゃない。

彼女たちのライブは、乃木坂46を広める顔として活躍してきたメンバーが、どんな表情をしているのか? 選抜と隔てられながら「ライブ」という表現に居場所を求めたアンダーメンバーは、どんな気持ちで踊っているのか? 3期生は東京ドームという大きな空間で、一体どんな乃木坂46を体現しようとしたのか? そんな個人個人の想いとグループの6年間の軌跡を照らし合わせながら観た東京ドーム公演は、たくさんの笑顔と涙の蕾が開いた忘れられない時間となった。

ダブルアンコールも飛び出した約3時間弱のライブ、書くべきことが山ほどあるけど、詳細は後日レポートにて。(小田淳治)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする