ストーン・テンプル・パイロッツ、新シンガーを迎えての初パフォーマンスを披露

ストーン・テンプル・パイロッツ、新シンガーを迎えての初パフォーマンスを披露

先日、チェスター・ベニントンに代わる新シンガーとしてオーディション番組「Xファクター」出身のジェフ・グートが加入したストーン・テンプル・パイロッツが、ラジオ局「SiriusXM」主催のライブにてジェフ加入後、初となるパフォーマンスを行った。

同ライブはラジオ局「SiriusXM」の視聴者から抽選で選ばれた招待客のみが観覧できもの。「SiriusXM」の公式YouTubeでは“Still Remains”とジェフを迎えて制作された新曲“Meadow”の映像が公開されている。

Stone Temple Pilots - Still Remains

Stone Temple Pilots - Meadow

なお、ジェフを迎えての初新曲“Meadow”を収録したバンドのニュー・アルバムは、2018年春頃のリリースが予定されている。

ギタリストのディーン・デレオはフロントマンが明らかになる以前、以下のように語っていた。

まだ少し新曲に書き加える部分があったんだけど、(新しいフロントマンは)歌詞も書けるしメロディーも考えられる。そして歌えて、スタジオのマイクの使い方もちゃんと分かってる。誰でもができることじゃない。一緒にベストを尽くそうと思ってるよ。


2013年から2015年の間ストーン・テンプル・パイロッツに所属していたチェスター・べニントンは、当時薬物中毒に苦しんでいた故スコット・ウェイランドに替わって、リンキン・パークとの兼任でボーカルを務めていた。

関連記事はこちら。

再結成からチェスター加入そして脱退、現在までのストーン・テンプル・パイロッツの歴史を追う
新たなフロントマンを迎え、チェスター・ベニントンの死後初となるライブを行うことを発表したストーン・テンプル・パイロッツ。 チェスターは2013年から2015年の間、当時薬物中毒に苦しんでいた故スコット・ウェイランドに替わって、リンキン・パークと兼任でバンドのボーカルを務めていた。 …
再結成からチェスター加入そして脱退、現在までのストーン・テンプル・パイロッツの歴史を追う

最新ブログ

フォローする