再結成からチェスター加入そして脱退、現在までのストーン・テンプル・パイロッツの歴史を追う

  • 再結成からチェスター加入そして脱退、現在までのストーン・テンプル・パイロッツの歴史を追う
  • 再結成からチェスター加入そして脱退、現在までのストーン・テンプル・パイロッツの歴史を追う
  • 再結成からチェスター加入そして脱退、現在までのストーン・テンプル・パイロッツの歴史を追う
  • 再結成からチェスター加入そして脱退、現在までのストーン・テンプル・パイロッツの歴史を追う

新たなフロントマンを迎え、チェスター・ベニントンの死後初となるライブを行うことを発表したストーン・テンプル・パイロッツ

チェスターは2013年から2015年の間、当時薬物中毒に苦しんでいた故スコット・ウェイランドに替わって、リンキン・パークと兼任でバンドのボーカルを務めていた。

ストーン・テンプル・パイロッツの再結成(2008年)後、チェスターがバンドに参加した経緯、そして今に至るまで何があったのか、rockinon.comに掲載した記事でまとめてみたい。



そもそもSTPは1990年代前半に沸き起こったグランジ・ムーブメントの隆盛の中で人気を集めたが2003年に解散。ボーカルのスコット・ウェイランドは、元ガンズ・アンド・ローゼズのメンバーとともにヴェルヴェット・リヴォルヴァーを結成していた。

2008年にバンドは再結成を発表、フェスへの出演をアナウンスする。

ストーン・テンプル・パイロッツ再結成が実現、5月にフェス出演!
ストーン・テンプル・パイロッツの再結成が、バンドの公式サイトで発表された。再結成について以前から噂されていたが、ついに5月に実現する。 ストーン・テンプル・パイロッツは、ニルヴァーナやパール・ジャムなどと共に1990年代前半に沸き起こったグランジ・ムーブメントの隆盛の中で人気を集めたバンドの…

スコットはヴェルヴェット・リヴォルヴァーと決別、「今さら多くを語ったところで言いわけになってしまうと思うけれど、あのバンドにはいろいろな面で問題があった。もちろん音楽的に楽しめる要素も多かったし、インスピレーションに溢れていた時期もあった。しかし、メンバーのうち一人を除いた全員がしばしばリハビリ施設に入るという状況だったことは忘れがたい事実だ」とコメントし世を驚かせる。

そしてSTPが本格始動、再結成ツアーを行う。

ストーン・テンプル・パイロッツ再結成ツアーの詳細決定、スコットは元バンドへの反撃声明も
ヴェルヴェット・リヴォルヴァーからの脱退劇が世を驚かせたスコット・ウェイランドだが、彼がヴォーカルを務めるストーン・テンプル・パイロッツがいよいよ本格始動。再結成ツアーの詳細が発表され、ストーン・テンプル・パイロッツにとっておよそ8年ぶりのツアーを行う。現在のところ全65公演の日程が発表されている…

9年ぶりの新作ディスクレビューはこちら。

今度はうまくいきますように
なんだかんだを経て、とにかく復活を果たしたストーン・テンプル・パイロッツの、セルフ・タイトルを冠した9年ぶりの新作。リード・トラックでもある1曲目“ビトウィーン・ザ・ラインズ”から勢いに溢れている。そして、なんだか全体的にさっぱりした印象。もっと、こってりしてなかったっけ? もちろん過去にもポ…
ストーン・テンプル・パイロッツ ストーン・テンプル・パイロッツ

バンドはライブなど活動を行っていたが、2013年、バンドはスコットのクビを宣言。声明文には「ストーン・テンプル・パイロッツはスコット・ウェイランドとの関係を断ったことを公式に発表しました」とだけ書かれており、理由などはわからなかった。

この声明に対し、スコットは「ストーン・テンプル・パイロッツから自分が『断たれた』ことを今朝、音楽誌で読んで知ったよ。一体、どうすれば、自分が結成し、自分がヴォーカルを務め、最大のヒット曲の多くを共作してきたバンドから『断たれる』ものなのかどうかわからないけど、それは弁護士が考えてくれるようなことだ」とコメント。

なお、2012年から計画していた『コア』(1992年)の全曲ライブを実行に移す際、多くの楽曲でついてスコットの声が出なくなってしまっていたため方針が二転三転し、バンド内の軋轢を生んだことがこのクビ宣言に繋がったと考えられている。

ストーン・テンプル・パイロッツ、スコット・ウェイランドの追放を宣言
2008年から再結成していたストーン・テンプル・パイロッツはヴォーカルのスコット・ウェイランドをクビにしたことを明らかにしている。 バンドは短い声明文を明らかにしていて、そこでは「ストーン・テンプル・パイロッツはスコット・ウェイランドとの関係を断ったことを公式に発表しました」とだけあ…
ストーン・テンプル・パイロッツ、スコット・ウェイランドの追放を宣言

スコット追放(2月)から間もなく、バンドは5月にはチェスター・ベニントンをボーカリストに迎えた新曲“Out Of Time”を公開。

バンドはチェスターについて「長年魅了されてきた声の持ち主なんだ。僕らは、常にリンキン・パークが彼のプライオリティになることを知っているけど、一緒に何かをやれたらクールだと思ったんだ」とコメント。

さらにチェスターは「俺は13歳の頃からストーン・テンプル・パイロッツを愛していて、本当に大きな影響を受けてきたんだ。彼らと一緒にクリエイティヴな何かをやれる機会がいざ来たら、僕はそのチャンスに飛びついたんだよね」とファンであることを表明。
また、リンキン・パークのメンバーも応援してくれていることを明らかにした。

ストーン・テンプル・パイロッツ、リンキン・パークのチェスターをVoに迎えた新曲を公開
今年、2月にオリジナル・ヴォーカリストであるスコット・ウェイランドの追放を発表したストーン・テンプル・パイロッツだが、リンキン・パークのチェスター・ベニントンをヴォーカリストに迎えた新曲“Out Of Time”を公開した。 バンドは、現地時間5月18日(土)にカリフォルニア州アーヴ…
ストーン・テンプル・パイロッツ、リンキン・パークのチェスターをVoに迎えた新曲を公開

チェスター加入と同月、STPがスコットを訴える。訴状ではスコットの薬物依存とスコットが練習などに現れないことから、バンドの活動が著しく損なわれていたことを明らかにしている。

さらに訴状ではスコットに対して、ソロ活動の宣伝のためストーン・テンプル・パイロッツの名前を使うことやライブでストーン・テンプル・パイロッツの楽曲を演奏するのをやめるように訴えている。

ストーン・テンプル・パイロッツ、元フロントマンのスコット・ウェイランドを訴える
ストーン・テンプル・パイロッツが元フロントマンであるスコット・ウェイランドを訴えたことが明らかになった。 訴状の中には、バンドはウェイランドを理由とする不和と重要な機会喪失といったものに耐えていたとある。 ストーン・テンプル・パイロッツは今年の2月にスコット・ウェイランドを追放…
ストーン・テンプル・パイロッツ、元フロントマンのスコット・ウェイランドを訴える

STPは5月18日・19日にチェスターをボーカルとしてライブを決行、さらに5月19日に新曲“Out of Time”の無料配信をスタートさせた。このような動きにスコットは自身のFacebookでバンドを批判。

以下がFacebookに投稿された文章の一部。

「みんなと同じように俺は自分のバンド、ストーン・テンプル・パイロッツが新しいヴォーカルを迎えてライヴを行ったことを読むことになったよ。正直言って、驚いた。そして傷ついた」「連中が自分をなんと呼ぼうと構わないけど、とりあえずあれはストーン・テンプル・パイロッツではないんだよ」

スコット・ウェイランド、チェスター・ベニントン体制のストーン・テンプル・パイロッツは間違っていると語る
2月にオリジナル・メンバーでヴォーカルのスコット・ウェイランドをクビにしたことを発表し、5月18日と19日にはリンキン・パークのチェスター・ベニントンを新ヴォーカルに迎えてライヴを行ったストーン・テンプル・パイロッツだが、この時のライヴでは新曲"Out of Time"が披露され、さらに1…
スコット・ウェイランド、チェスター・ベニントン体制のストーン・テンプル・パイロッツは間違っていると語る

バンドからの訴えに対し2013年、スコットは「バンドには自分を排除する正当な権利を持っていない」として反訴、500万ドル(約5億円)に及ぶ損害賠償を求めた。

ただ、スコットはチェスターについては怒りを感じていなかったようで、「俺はチェスターのことは昔から知ってるんだよ。(2001年の)ファミリー・ヴァリューズ・ツアーで一緒になってから親しくなったんだ。俺はチェスターが悪意をもってバンドに加わったとは思ってないよ」とインタビューに答える場面も。

リンキンのチェスター・ベニントン、ストーン・テンプル・パイロッツで新曲をさらに作っていくと語る
5月18日にリンキン・パークのチェスター・ベニントンを新ヴォーカルに迎えたライヴを決行し、翌19日にはチェスターと制作した新曲"Out of Time"を公開したストーン・テンプル・パイロッツだが、チェスターはストーン・テンプル・パイロッツと共にたくさんの音を作っていくつもりだとその抱負を…
リンキンのチェスター・ベニントン、ストーン・テンプル・パイロッツで新曲をさらに作っていくと語る

スコット・ウェイランド、自分を追放したストーン・テンプル・パイロッツを反訴
今年の2月にストーン・テンプル・パイロッツをクビにされたスコット・ウェイランドはバンドから訴訟を起こされたことに対して反訴したことが明らかになった。 5月18日にリンキン・パークのチェスター・ベニントンを新たにヴォーカルに迎えてライヴを行っているバンドもスコットへの訴訟を先月起こして…
スコット・ウェイランド、自分を追放したストーン・テンプル・パイロッツを反訴

次のページチェスターの「(STPに)見合うレベルの作品を書く」との発言から、今月14日のチェスターの死後初のライブ開催まで

最新ブログ

フォローする