宮藤官九郎 脚本の大河ドラマ『いだてん』第2弾出演者にビートたけし、峯田和伸、松尾スズキら

2019年1月より放送のNHK大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~』出演者第2弾が発表された。

同ドラマは宮藤官九郎オリジナル脚本。金栗四三役の中村勘九郎、田畑政治役の阿部サダヲといったふたりの主役をリレーしながら、「知られざるオリンピックの歴史」が描かれる。

第1弾発表では主役のふたりのほか、綾瀬はるか、生田斗真ピエール瀧、役所広司らの出演がアナウンスされていた。


今回の第2弾発表では、ドラマの語り手となる古今亭志ん生役にビートたけしが決定。そのほか、森山未來、神木隆之介、峯田和伸松尾スズキなどの出演が明らかになった。


公式SNSアカウントをフォローする
人気記事

人気記事

最新ブログ

フォローする