スカパラ×シシド・カフカ、ピクサー最新作『リメンバー・ミー』の日本版エンドソングに決定

スカパラ×シシド・カフカ、ピクサー最新作『リメンバー・ミー』の日本版エンドソングに決定
シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラによる楽曲“リメンバー・ミー”が、2018年3月16日(金)全国公開となる映画『リメンバー・ミー』の日本版エンドソングに決定した。

同映画はディズニー/ピクサーの最新作。主人公は、ミュージシャンを夢見るも、代々音楽を禁じられている少年ミゲル。ある日彼は「死者の国」に迷い込み、ガイコツのへクターに出会う。やがてふたりは、ミゲルの家族の秘密にたどり着くのだが、その重要な鍵となるのはミゲルの大好きな曲“リメンバー・ミー”だった――という物語となっている。なお、この“リメンバー・ミー”の作曲は、『アナと雪の女王』の“レット・イット・ゴー”を生み出したロバート・ロペスとクリステン・アンダーソンのロペス夫妻が手がけている。

シシド・カフカと東京スカパラダイスオーケストラは今回が初めてのタッグとなり、本作がメキシコの「死者の日」にインスパイアされて製作されたことから、メキシコ生まれであるシシド・カフカと、中南米でのツアーも精力的に行っている東京スカパラダイスオーケストラに白羽の矢が立ったという。

ディズニー/ピクサーの楽曲を手掛けることになったシシド・カフカは、「信じられなかった。人生何が起きるか分からないですね!」と話している。またスカパラとの初タッグについて「一緒に楽曲アレンジメントできると聞いて、これは絶対に面白くなる!と思いました。この作品との出会いも含めて運命的なチームだなと思いました。とにかく早くみなさんに聞いていただきたいです」とコメント。さらに楽曲については、「映画をみてから、あのメロディが頭から離れないんです。心に残るメロディラインというのを自分が歌えるそのわくわく感がすごく大きかったです」と語っている。音楽を禁止されている主人公のミゲルについては、「私もドラムを反対されていました。女の子なんだから、足開いて座って! なんて言われたり。4年間親を口説き落としたという過去があるので音楽に対しての強い想いとか共感するものがありました。今は家族が一番のファンで一番応援してくれる存在なので、自分の家族の顔を思い出しながら映画を見ていました」と過去を明かした。

一方、スカパラの茂木欣一は「ディズニー/ピクサー作品は『トイ・ストーリー』から大好きで、それからずっと見ていたのでものすごく興奮しました! 本当に光栄です!」と話し、加藤隆志はシシド・カフカとのタッグについて、「この曲で出会えたのはすごく運命的! 南米とスカパラのかかわりもあるし、カフカちゃんの(メキシコ)生まれも」と述べた。谷中敦は今回のアレンジについて、「スカパラらしさをもって、スカパラならではのアレンジにしようと、目いっぱいスカパラの気持ちで演奏させてもらいました。レコーディングもすごく楽しかった!」とレコーディングの様子を語った。さらに茂木は「大切な仲間と一緒のころの記憶を思い出したり、すごくときめいたりしたことを、思い起こさせてくれる映画。すごく大好きな作品です!」とコメントした。

加えて、日本語版楽曲が収録されたサントラが、2018年3月14日(水)に発売されることも決定した。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする