デヴィッド・バーンの新作、全米チャートでキャリア史上最高位に。初登場3位を記録

  • デヴィッド・バーンの新作、全米チャートでキャリア史上最高位に。初登場3位を記録
  • デヴィッド・バーンの新作、全米チャートでキャリア史上最高位に。初登場3位を記録
  • デヴィッド・バーンの新作、全米チャートでキャリア史上最高位に。初登場3位を記録
  • デヴィッド・バーンの新作、全米チャートでキャリア史上最高位に。初登場3位を記録

デヴィッド・バーンが3月9日にリリースした2ndソロ・アルバム『アメリカン・ユートピア』が、全米アルバム・チャート「Billboard 200」で3位の売上を記録したことが分かった。

3月15日までの1週間で6万3000枚相当の売上を記録し初登場3位となった同作だが、これはデヴィッド・バーンのソロ・キャリアにおいて「Billboard 200」の最高位となる。

2004年にリリースした前作『グロウン・バックワーズ』は同チャートにおいて最高178位に留まっており、1981年のソロ・デビュー・アルバム『ザ・キャサリン・ホイール』も最高104位と、デヴィッド・バーンのソロ・アルバムがトップ10入りしたことはこれまでなかった。

また、これまでにリリースしているコラボ・アルバムについても同様で、2008年にリリースしたブライアン・イーノとのコラボ・アルバム『エヴリシング・ザット・ハプンズ・ウィル・ハプン・トゥデイ』は最高174位、2010年リリースのファットボーイ・スリムとのコラボ・アルバム『ヒア・ライズ・ラヴ』は最高96位、そして2012年リリースのセイント・ヴィンセントとのコラボ・アルバム『ラヴ・ディス・ジャイアント』は最高40位に留まっている。


一方でジューダス・プリーストも、3月9日(3月7日に日本先行リリース)にリリースした18thアルバム『ファイアーパワー』で、「Billboard 200」においてバンド史上最高となる5位を記録している。


デヴィッド・バーンの『アメリカン・ユートピア』とジューダス・プリーストの『ファイアーパワー』のレビュー記事は以下。

今週の一枚 デヴィッド・バーン『アメリカン・ユートピア』
デヴィッド・バーン 『アメリカン・ユートピア』 3月9日発売 デヴィッド・バーン、ソロとしては2004年『グロウン・バックワーズ』以来、なんと14年ぶりとなるのが今回の新作『アメリカン・ユートピア』だ。とはいえ、デヴィッドは2004年以降もほかのアーティストとのコラボレーション・…
今週の一枚 デヴィッド・バーン『アメリカン・ユートピア』

メタル・ゴッド最後の奇跡か
ラストになるはずだった2011年のツアー直前にK.K.ダウニングが離脱するというピンチから一転、代わりにリッチー・フォークナーを加入させたことが刺激となってか、翌年の来日公演では、バンドがフレッシュネスを取り戻している様子に驚かされた。新編成で完成させた前作『贖罪の化身』は全米6位と過去最高位…
ジューダス・プリースト ファイアーパワー(デラックス・エディション)
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする