デヴィッド・ボウイのミュージカル『ラザルス』、NYにて映像上映が決定

デヴィッド・ボウイのミュージカル『ラザルス』、NYにて映像上映が決定

2015年から2017年にかけ、オフ・ブロードウェイ・ミュージカルとしてニューヨークとロンドンにて上演されていたデヴィッド・ボウイの『ラザルス』が、映像作品として一夜限りで上映されることが決定した。

「Rolling Stone」によると、「映像上映兼サントラのライブ体験」と銘打たれたイベントは現地時間5月2日に、ニューヨークの老舗の劇場キングス・シアターにて開催される予定となっている。


上映にあたり、音楽は生前のデヴィッド・ボウイが選出した7人編成のバンドによりライブ演奏されるとのこと。バンド・メンバーには『ラザルス』のプロデューサーでもあるヘンリー・ヘイをはじめ、JJ AppletonやBrian Delaney、Lucas Doddらが名を連ねている。

またスクリーンに映し出されるミュージカルのキャストは、マイケル・C・ホール(『デクスター 警察官は殺人鬼』)が主役のトーマス・ジェローム・ニュートンを演じたロンドン版キャストだという。

デヴィッド・ボウイの生前最後のスタジオ・レコーディング音源が収められた『ラザルス』のレビュー記事は以下。

今週の一枚 デヴィッド・ボウイ『ラザルス』
デヴィッド・ボウイ 『ラザルス』 10月21日(金)発売 デヴィッド・ボウイが生前最後にスタジオ・レコーディングした未発表曲3曲が収録されている超貴重な作品『ラザルス』。ここには、NYのオフ・ブロードウェイで2015年11月18日から、2016年1月20日まで上映された同タイトル…
今週の一枚 デヴィッド・ボウイ『ラザルス』
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする