ボウイの作家性を美学・思想として読み解く『デヴィッド・ボウイ 無(ナシング)を歌った男』の発刊が決定

ボウイの作家性を美学・思想として読み解く『デヴィッド・ボウイ 無(ナシング)を歌った男』の発刊が決定 - 撮影:鋤田正義 ©Sukita撮影:鋤田正義 ©Sukita

今月8日に74歳の誕生日を、10日には逝去から丸5年を迎えるデヴィッド・ボウイ。その作家性をフィーチャーした著書『デヴィッド・ボウイ 無(ナシング)を歌った男』が2月17日(水)に刊行される。

同著は、デヴィッド・ボウイに著者が認めた一貫した「作家性」を、作品批評を通してひとつの稀代の美学・思想として読み解いたものとなっている。

また今回の発売に伴い、サウンドトラックとして、著者の田中純氏による各章ごとのSpotifyプレイリストが、刊行の2月まで順に公開されていくそうだ。

詳細は以下の通り。




デヴィッド・ボウイが表紙の『ロッキング・オン』最新号は1月7日(木)発売!


ボウイの作家性を美学・思想として読み解く『デヴィッド・ボウイ 無(ナシング)を歌った男』の発刊が決定 - rockin'on 2021年2月号rockin'on 2021年2月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする