ゆず、お世話になったスタッフに“栄光の架橋”の替え歌プレゼント。「泣きそうになっちゃった」

ゆず、お世話になったスタッフに“栄光の架橋”の替え歌プレゼント。「泣きそうになっちゃった」
4月8日に生放送されたスペースシャワーTVの特別番組『ゆずの部屋』が4月12日(木)21:00から再放送される。

この番組は、ニューアルバム『BIG YELL』のリリースを記念し、この春から新生活を送るすべての人にエールを送る新生活応援バラエティで、進行は、ゆずの大ファンであるお笑い芸人・向井慧(パンサー)が務めた。

内容としては、生放送中に視聴者から寄せられた、「就活への不安」、「新たな自分に生まれ変わりたい」といった数々の悩みに、時折笑いを織り交ぜながら真摯にアドバイスを送るというもの。新生活へのドキドキと不安が織り交ざった思いを受け、自分たちのデビュー当時の新生活について語る場面もあった。

ゆず、お世話になったスタッフに“栄光の架橋”の替え歌プレゼント。「泣きそうになっちゃった」

また、ゆずがデビュー前から出演していたスペースシャワ―TVのレギュラー番組『電リク野郎ELVIS』内の人気コーナー「ゆずの休日」で、ADとしてゆずの2人と毎週様々な場所にロケに行っていたスタッフ・高橋氏が、晴れてこの4月からスペシャ関連会社 SEP(映像制作会社)の社長に就任。それを受け、ずっとお世話になっていた高橋氏に直接エールを送るべく、生放送中にオフィスに突撃。巨大カステラや、社長デスクへのサインといった破天荒(?)なプレゼントでお祝いした。

さらに、“栄光の架橋”を、高橋氏に向けて“成功の高橋”と替え歌をして生歌披露。初心に帰るべく、カメラの向こうでカンペを片手に聴き入る高橋氏に贈ったこの日限りの1曲を歌った後、北川は「歌いながら泣きそうになっちゃった」と、一緒に歩んできたスタッフへの祝福の気持ちをあらわにした。

続けて、2曲目にはニューアルバムのリード曲“うたエール”を生演奏。スタジオは大合唱に包まれ、60分の生放送番組は幕を閉じた。

ゆず、お世話になったスタッフに“栄光の架橋”の替え歌プレゼント。「泣きそうになっちゃった」

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする