ザ・ハートブレイカーズ、トム・ペティの死後初のライブ催行。ベックやパティ・スミスをボーカルに迎える

ザ・ハートブレイカーズ、トム・ペティの死後初のライブ催行。ベックやパティ・スミスをボーカルに迎える

昨年の10月にトム・ペティが逝去して以来初めて、ザ・ハートブレイカーズがライブを行ったことが分かった。

ハートブレイカーズは現地時間4月21日に開催されたチャリティ・イベントLight Up The Bluesにて、元メンバーのマイク・キャンベル、ベンモント・テンチ、スティーヴ・フェローンに加えベックパティ・スミス、スティーヴン・スティルスをゲスト・ボーカルに迎えるという形で“Guess I’m Doing Fine”や“Where It’s At”、“Because the Night”などを演奏した。

この日の映像は、一般のアカウントによりYouTubeに公開されている。
https://www.youtube.com/watch?v=pogczSS8XKI
https://www.youtube.com/watch?v=fNmw8aPblOc

なお、ザ・ハートブレイカーズの今後の活動の予定については明らかになっていない。
マイク・キャンベルについては、脱退したリンジー・バッキンガムの代役としてフリートウッド・マックの今秋のツアーに参加することが発表されている

以下の記事では、トム・ペティのミュージック・ビデオ7作と共に40年に及ぶキャリアを振り返っている。
【追悼トム・ペティ】印象的なMV7作と共に、40年に及ぶキャリアとその魅力を振り返る
10月2日に惜しくも急逝したトム・ペティ。ブルース・スプリングスティーンらとともに、ポップ、カントリー、ブルース、フォークなども汲んだモダン・アメリカン・ロックを打ち出し、文句なしにアメリカのロックを体現するアーティストとして活躍したが、実はミュージック・ビデオでもよく記憶されているアーテ…
【追悼トム・ペティ】印象的なMV7作と共に、40年に及ぶキャリアとその魅力を振り返る - トム・ペティ公式ツイッター(@tompetty)より
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする