今、最強のストレイテナーのライブで『Future Soundtrack』は完成する

今、最強のストレイテナーのライブで『Future Soundtrack』は完成する
ストレイテナーの「Future Dance TOUR」、その初日、Zepp DiverCity Tokyo公演が、今まで観てきたテナーのライブの中でも、指折りの最高のライブだった。

まだツアーが始まったばかりなのでネタバレは避けるが、最新作『Future Soundtrack』はこのライブ/ツアーをもって完成するのだと思った。

私は先日、「20周年のストレイテナーが鳴らす「音楽の未来」――『Future Soundtrack』が伝えるもの」というコラムで、以下のように書いた。

新しいことをしていると言っても、試しにとか、若さ故とかではなく、20年のキャリアと、バンドの絆に裏打ちされた盤石な「新しい音楽」が詰まっている。
だからこそ、長年のテナーファンにも新鮮だけれどちゃんと安心できる、そんなアルバムが、『Future Soundtrack』なのだ。

過去も未来もひっくるめて、ストレイテナーの音楽を鳴らし続けていく。そう確信している。


アルバムを聴いただけでもこう感じたが、ライブで、それはより強い確信となった。

今のストレイテナーは最強だ。そう確信を持って言える。
20年のキャリアの中で、枠組みや型に拘って自分たちの鎧をさらに強固にするのではなく、年月に合わせてかたちを変えてきた柔軟な姿勢があったからこそ、バンドのキャパシティはより広く深くなり、どんなことでも受け止められるようになったのだと思う。この年月を突っぱねてこなかったからこそ、今また、瑞々しい新しい作品が生まれたのだ。
だから、きっと無垢な若いバンドよりも、今のテナーは吸収力も高いし、より高度なクオリティでアウトプットする。
その力は、過去も変えられるほどのエネルギーを持っている。そんな最強のテナーの今のライブだからこそ、最高のライブになったのだと思う。

これから7月までツアーは続くが、気になっている人はぜひ今のストレイテナーのライブを観てほしい。見逃さないでほしい。(中川志織)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする