スティーリー・ダンの故ウォルター・ベッカー、ニューヨークの標識にその名が冠せられることに。NY市議会が決定

スティーリー・ダンの故ウォルター・ベッカー、ニューヨークの標識にその名が冠せられることに。NY市議会が決定

昨年の9月に亡くなったスティーリー・ダンのウォルター・ベッカーに敬意を表し、ニューヨーク市議会がクイーンズ地区の近隣の通りに彼の名前を冠することを決定したという。

「Pitchfork」が報じるところによると、ベッカーが育ったクイーンズのForest Hills近隣の通りの一角に、「Walter Becker Way」という標識が置かれることになるとのこと。この標識は、現地時間10月28日にお披露目されるということだ。

ウォルター・ベッカーは昨年の9月3日に63歳で逝去。彼が亡くなった週には、スティーリー・ダンにおける長年のバンドメイトだったドナルド・フェイゲンをはじめ、ナイル・ロジャース、スラッシュマーク・ロンソンサンダーキャットなど、数多くのアーティスト達がベッカーを追悼した

ウォルター・ベッカーの功績をまとめた記事は以下。

【追悼ウォルター・ベッカー】スティーリー・ダンでの成功と挫折、そして復活の道のり
9月3日、スティーリー・ダンのウォルター・ベッカーが67歳で亡くなった。1967年に始まるドナルド・フェイゲンとの歩みを、「The Guardian」などの記事を引用しつつ振り返っていきたい。 ウォルターの逝去の報は公式サイトで明らかにされており、死因など詳細については明らかになって…
【追悼ウォルター・ベッカー】スティーリー・ダンでの成功と挫折、そして復活の道のり
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする