ガンズのアクセル・ローズ、アブダビ公演での体調不良に関しファンへメッセージ。「ダメになるまでは大丈夫だ!」

ガンズのアクセル・ローズ、アブダビ公演での体調不良に関しファンへメッセージ。「ダメになるまでは大丈夫だ!」 - Photo by Ross HalfinPhoto by Ross Halfin

現在ワールド・ツアー「Not In This Lifetime…Tour」を開催中のガンズ・アンド・ローゼズが、現地時間11月25日のアブダビ公演をアクセル・ローズの体調不良により中断したことは先日報じた通りだ。この件について、アクセルがSNSにファンへのメッセージを投稿していたことがわかった。

アクセルは同公演のバックステージで5時間にわたり嘔吐し続けていたにもかかわらずライブを敢行したが、17曲を演奏したところで中断せざるを得ない状況になったとのこと。

これを受け、アクセルは以下のようなコメントを投稿している。

「心配してお見舞いの言葉を贈ってくれたファンのみんなと、バンドメンバーに感謝したい。ヨハネスブルクでは、ライブに向けて準備を整える時間がたっぷりある。インフルエンザだか何だか分からないが、ワイルドなショーだったぜ。断続的に体調が悪くなるけど、ダメになるまでは大丈夫だ!」

そして、アブダビ公演を敢行したのはファンのためにベストを尽くしたかったからだとも以下のようにツイートしている。

「ライブが始まってすぐに体調が悪いことを説明するのはカッコ悪いと思ったし、本当にどうなるのか分からなかったんだ。心からファンのためにベストを尽くしたかったし、オーディエンスは最高で会場も素晴らしかったし、ステージもクールだった。砂漠のそよ風もな!」

「もう一度ありがとうと言いたい。みんながガッカリしていないことを願う。またUAEでファンに会えるのを楽しみにしてるぜ!」

なお、現地時間12月8日にハワイで開催されるライブが、2016年から開催中のワールド・ツアー「Not In This Lifetime…Tour」の最終公演となっている。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする