マドンナとレディー・ガガの不和が再燃か。マドンナ、ガガの発言を受け「私をナメんなよ」とツイート

マドンナとレディー・ガガの不和が再燃か。マドンナ、ガガの発言を受け「私をナメんなよ」とツイート

12月21日(金) に日本公開を控える映画『アリー/ スター誕生』に主演しているレディー・ガガだが、マドンナが自身の発言をガガが盗んだと示唆していることが分かった。

ガガは『アリー/ スター誕生』で出演・監督を務めているブラッドリー・クーパーについて語る際、「100人のうち99人があなたを信じてくれなくても、人生を変えるのに必要なのは、そのうちの1人が信じてくれたらそれがすべてを変える力になる」とたびたび発言している。

「NME」によると、このガガの発言を知ったマドンナが、80年代の自身のインタビュー映像をInstagramのストーリーに投稿。

その中でマドンナは、「部屋に100人いて99人が自分の作品を好きだと言ってくれたら、そう言ってくれなかった1人を覚えているでしょうね」と語っていたようだ。
https://twitter.com/JarettSays/status/1069269216899919872

このストーリーの投稿のあと、バラを手にした自身の画像に「月曜は『私をナメんなよ』って日ね……」とコメントを添えてツイートし、ガガが発言を真似たともいえることに対し、憤慨していることを示唆していたようだ。


なおマドンナは2012年に、ガガの楽曲“Born This Way”が自身の“Express Yourself”(1989)に似ていると指摘していたことがあった

対するガガはこのマドンナの発言に、ドキュメンタリー映画『レディー・ガガ: Five Foot Two』のなかで、「メディアを通して私を『クソだ』って言うのは、男が『俺の友達が君のことをイケてると思ってるよ』って書かれたメモを渡すのと同じことだわ」と切り返していたとのことだ。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする