星野源、来年1月からの大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に出演決定

星野源が、来年1月6日(日)から放送開始のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に出演することが明らかになった。


星野は外交評論家・ジャーナリストの平沢和重役として出演する。

平沢和重は、ニューヨーク領事などを歴任後、外務省を退官。NHK解説委員になり、26年間にわたってニュース解説を行う。かつて日本へ向かう氷川丸の船内で嘉納治五郎(役所広司)の最期を看取った人物として、1964年オリンピックの開催地を決めるミュンヘンIOC総会で最終スピーチの大役を任される。妥協を許さない仕事人間だが、わかりやすい語り口とシブい雰囲気で「お茶の間のマダムキラー」の一面もある役だという。

そのほかの第4弾出演者発表はこちら

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする