星野源、『AERA』の表紙に登場。新アルバム『POP VIRUS』で描いた「愛」について語る

星野源、『AERA』の表紙に登場。新アルバム『POP VIRUS』で描いた「愛」について語る
星野源が、12月22日(土)に発売される週刊誌『AERA』2018年12月31日-2019年1月7日合併号の表紙に登場する。

表紙撮影が行われた日は、「アルバムを作り終えたばかり」のタイミングだったという星野。インタビューは、12月19日(水)発売のニューアルバム『POP VIRUS』について、「やりたいことを全部やりきったっていう感じですね」という発言からスタートしたとのこと。

背景にあるのは、『YELLOW DANCER』から現在までの3年間に自身の周りで起こった変化や、“アイデア”という曲で得た手応え。そして、このアルバムで描いた「愛」と、その先にあるものにも及んでいるという。

インタビューは、ポートレートとともに5ページ掲載。表紙およびインタビューの撮影は、蜷川実花が務めた。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする