ニール・ヤング、『傷だらけの栄光(Ragged Glory)』のリイシュー盤を来年リリースか。エンジニアが当時のテープを発見

ニール・ヤング、『傷だらけの栄光(Ragged Glory)』のリイシュー盤を来年リリースか。エンジニアが当時のテープを発見

ニール・ヤングが、ニール・ヤング&クレイジー・ホースとして1990年にリリースしたアルバム『傷だらけの栄光(Ragged Glory)』のリイシュー盤を『Ragged GloryII』としてリリースすることがわかった。

ニールのウェブサイト「Neil Young Archives」によると、『傷だらけの栄光』でエンジニアを務めたJohn Hanlonが、アルバムのレコーディング・セッションを録音したテープを最近発見したのだという。


「Neil Young Archives」では、カリフォルニア州のPlywood Analog Studioでバンドが2週間にわたり同じセットを1日2回演奏し、その多数の音源から選ばれた「一番良い音源」が『傷だらけの栄光』に収録されたと説明されている。

バンドは十分な音源が揃った後も演奏を続け、そのエクストラ・セッションの結果、クレイジー・ホースの発掘音源や未発表音源で占められた38分の音源が録音され、今回の『Ragged GloryII』のリリースに至ったとのことだ。

ダブル・アルバムとなる『Ragged Glory II』は、「恐らく」2019年にアナログ盤とCD、そしてデジタルでリリースされる予定となっている。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする