マイク・シノダ、リンキン・パークの新ボーカルについて語る。「誰かとチェスターを交換するなんてことは考えたくもない」

マイク・シノダ、リンキン・パークの新ボーカルについて語る。「誰かとチェスターを交換するなんてことは考えたくもない」

リンキン・パークマイク・シノダが、2017年7月20日に急逝したチェスター・ベニントンに代わる新ボーカリストを迎えることについて、胸内を明かしていることがわかった。

ドイツの「ROCK ANTENNE」のインタビューを報じた「Consequence of Sound」によると、バンドがチェスターに代わる新しいシンガーを迎える予定かどうかを尋ねられたマイクが次のように答えていたとのことだ。

今の時点では、それは俺が達成しようとしているものじゃないんだ。それって自然に起きなきゃいけないことだしね。

もし、性格と(音楽的な)スタイルがマッチすると思えるイイ奴を見つけたら、その人と何かをやるかもしれないけど、それは(チェスターの)代わりのためなんかじゃない……俺達が誰かとチェスターを交換するだなんて、考えたくもないことだよ。



また昨年6月にはソロ・アルバム『ポスト・トラウマティック』をリリースしたマイクだが、まだ他のメンバーは音楽を制作する心の準備が出来ていないとも語っている。

俺達は音楽を作って演奏をすることを生きがいにしてるから、音楽活動をしていないという状況は辛いことなんだ。間違いなく俺にとってはキツい。

去年は音楽を作らずに過ごしたくはなかったんだけど、まだバンドが心の準備が出来てなかったのは知ってたから、俺一人でやろうと思ったのさ。


なお、マイクは3月よりヨーロッパ・ツアーの開催を控えている。公式サイトでは、現地時間3月2日のドイツ・ベルリン公演を皮切りに3月26日のイスラエル公演までの日程が発表されている。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする