オジー・オズボーンのギタリスト、バーニー・トーメが66歳で逝去。約40年ぶりの再会を果たしたばかりのオジーがコメント発表

オジー・オズボーンのギタリスト、バーニー・トーメが66歳で逝去。約40年ぶりの再会を果たしたばかりのオジーがコメント発表

オジー・オズボーン、イアン・ギランらとプレイしてきたギタリストのバーニー・トーメが66歳で逝去し、オジーが追悼コメントを発表していることが明らかとなった。

「Blabbermouth」によると、先月から重度の肺炎により入院していたバーニー・トーメが、67歳の誕生日を迎える1日前の現地時間3月17日に息を引き取ったという。

トーメは1982年にオジーのバンドのギタリスト、ランディ・ローズが飛行機墜落事故で亡くなった後、10日間以上にわたりツアーの7公演で代役を務めたとのことだ。オジーはFacebookに以下のような哀悼メッセージを投稿している。

「なんて悲しい日だ。またもや偉大なミュージシャンを失ってしまった。バーニーは黄金のハートを持つ心優しい人だった。彼の死が惜しまれる。バーニーの家族と友人、そしてファンに心からお悔やみを申し上げたい。バーニーよ、安らかに眠ってくれ」

なお、80年代初頭から会っていたなかったというオジーとトーメだが、昨年の「Sweden Rock Festival」で再会を果たしていたとのこと。

また、1979年から1981年までイアン・ギラン率いるギランに在籍していたトーメだが、トゥイステッド・シスターのフロントマン、ディー・スナイダーとアイアン・メイデンのドラマー、クライヴ・バーと結成したDesperadoや、Bernie Torme & Electric Gypsies、そしてL.A.ガンズのフィリップ・ルイスをフロントマンに迎えたTorméでも活動していた。

なお、昨年11月にはダブル・アルバム『Shadowland』をリリースしている。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする