山﨑賢人と吉沢亮が、『キングダム』を通してさらに深まった「信頼関係」を語る

山﨑賢人と吉沢亮が、『キングダム』を通してさらに深まった「信頼関係」を語る
4月19日(金)公開の映画『キングダム』で主人公・信を演じた山﨑賢人と、その親友・漂と秦国の王・嬴政の二役を演じた吉沢亮。それぞれが全身全霊をかけて挑んだという本作にこめた想いを語り明かした対談が、発売中の『CUT』2019年4月号に掲載されている。

今回で共演4回目、プライベートでも仲の良いふたりだが、『キングダム』の撮影を経て「熱い話をするようになった」と、その信頼関係がさらに深まったことを明かしている。
本インタビューでは、そんな本作の撮影現場で見たお互いの「知らなかった新たな一面」について語った。

賢人ってすごく少年性というか、好奇心旺盛な部分は持ってるんだけど、熱さを前に出すタイプの人じゃない印象だったんです。だから今回、意外でした。役として、感情がバーッて出るようなめっちゃ熱い感じを見れたのもそうですし、普通に話してても熱いこと考えてるんだなって(吉沢)


『キングダム』では、おりょうが言ってくれてたのと一緒で、作品の熱さもあるんだけど、男としての熱さを感じました。この作品をやる上での想いとかも聞いてたから、いざ撮影が始まって、熱いところでぶつかれたのは大きいと思います(山﨑)


また、本作にこめた想いを訊いた際には、それぞれ熱い想いが溢れていた。

これだけ熱を持って役を演じるのも自分としては珍しいというか――ここまで作品のことばかり考えて、熱量で押し切る感覚はなかなか経験できるものではなかったので、『こういう一面もあるんだ』みたいなことでもいいですし、広がっていくきっかけになれば嬉しいです(吉沢)


今までの自分のイメージにない部分も出せた作品だと思いますし、間違いなく代表作になると思います。それに『キングダム』をやったことは今後ずっと、自分のモチベーションになっていく気がしますね(山﨑)


ほかにも、錚々たる先輩たちとの共演で受けた刺激や壮大なロケ撮影の裏話、『キングダム』でえた経験についてなど、ここでしか読むことのできない貴重な内容がたっぷりと掲載されている。この超大作の公開がさらに楽しみになること間違いなしの本記事、是非手にとって読んでほしい。

山﨑賢人と吉沢亮が、『キングダム』を通してさらに深まった「信頼関係」を語る - 『CUT』2019年4月号『CUT』2019年4月号

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする