バッド・レリジョン、5月リリースの17thアルバムより新曲MV公開! 米政治史家リチャード・ホフスタッターの著書にインスパイア

バッド・レリジョン、5月リリースの17thアルバムより新曲MV公開! 米政治史家リチャード・ホフスタッターの著書にインスパイア - pic by Alice Baxleypic by Alice Baxley

5月3日(日本盤は5月13日)に17thアルバム『エイジ・オブ・アンリーズン』のリリースを控えるバッド・レリジョンが、同新作より“Do the Paranoid Style”のミュージック・ビデオを公開した。

同楽曲はアメリカの政治史家、リチャード・ホフスタッターの著書である『アメリカの反知性主義(The Paranoid Style in American Politics)』(1964)からインスパイアを受けているとのこと。

ギタリストのブレット・ガーヴィッツは“Do the Paranoid Style”について、以下のようにコメントしているという。

非主流派が彼らの問題そのものを謎の圧力のせいにしているのは、妄想でしかない。しかし権力を持った者たちのそれは、妄想ではなく反対勢力を認めないということ。それが独裁主義のやり方なのだ。



なお、『Age Of Unreason』からはすでに“Chaos From Within”と“The Profane Rights Of Man”の音源が公開されている。



バッド・レリジョン、5月リリースの17thアルバムより新曲MV公開! 米政治史家リチャード・ホフスタッターの著書にインスパイア
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする