ビリー・アイリッシュ、デビューALが全米&全英で初登場1位! 米では2000年代生まれで初&英では女性ソロ最年少

ビリー・アイリッシュ、デビューALが全米&全英で初登場1位! 米では2000年代生まれで初&英では女性ソロ最年少

ビリー・アイリッシュのデビュー・アルバム『ホエン・ウィー・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥー・ウィー・ゴー?』が全米・全英共にアルバム・チャートで初登場1位を獲得したことが分かった。

Billboard」によると『ホエン・ウィー・オール・フォール・アスリープ〜』はアメリカにて発売初週に合計31万3000枚相当の売り上げを記録し、これは2019年では1週間のアルバム相当単位の総売り上げとしては全アルバム中で2番目の記録となる。これまでのところ2019年に発売初週に最も売り上げたのはアリアナ・グランデの『サンキュー、ネクスト』で36万枚相当となっている(2月23日付チャート)。


アイリッシュは2001年12月18日生まれで、2000年代生まれで「Billboard 200」で1位を獲得した初のアーティストとなったという。若干17歳3ヶ月で1位を獲得するのは2015年以降では最も若く、2015年5月2日付のチャートで当時16歳だったショーン・メンデスが『ハンドリトゥン』で1位を獲得した記録を塗り替えた。

女性アーティストとしては2009年8月8日付のチャートで当時16歳11ヶ月だったデミ・ロヴァートが『ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン』で初登場1位を獲得して以来、最も若いアーティストとなる。

さらに30万枚相当以上を1週間で売り上げたのは、「Billboard 200」チャートが2014年にアルバム相当単位の集計を開始して以来、女性アーティストのアルバムとしては7作目となる。過去にはテイラー・スウィフト『1989』、アデル『25』、ビヨンセ『レモネード』、P!NK『ビューティフル・トラウマ』、テイラー・スウィフト『レピュテーション』、そしてアリアナ・グランデ『サンキュー、ネクスト』がこの記録を達成している。


また、「Official Charts」によると、イギリスでも同アルバムが初登場で1位を獲得。ビリー・アイリッシュはイギリスにおいてアルバム1位を獲得した、最も若い女性ソロ・アーティストとなる。

関連記事はこちら。

ビリー・アイリッシュはなぜ「世界最大のアーティスト」になりうるのか? 音楽との出会いから、彼女にとっての「正念場」までを語る
ビリー・アイリッシュのデビュー・アルバム『ホエン・ウィー・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥー・ウィー・ゴー?』が3月29日にリリースされ、Apple Musicで80の国と地域で1位、iTunesで60の国と地域で1位を獲得するなど、大きな話題を呼んでいる。 同アルバムにて…
ビリー・アイリッシュはなぜ「世界最大のアーティスト」になりうるのか? 音楽との出会いから、彼女にとっての「正念場」までを語る
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする