ロバート・プラント、自身のポッドキャスト番組配信! 「レッド・ツェッペリンの強み」を明かす

ロバート・プラント、自身のポッドキャスト番組配信! 「レッド・ツェッペリンの強み」を明かす

ロバート・プラントがホストを務めるポッドキャスト番組『Digging Deep, The Robert Plant Podcast』の配信が開始され、音楽制作やレッド・ツェッペリンについて語っていたことがわかった。

Blabbermouth」によると、同番組はiTunesやSpotify、Acast、YouTubeなどで配信され、第1エピソードでは1993年にリリースしたソロ・アルバム『フェイト・オブ・ネイションズ』のオープニング・ナンバー“Calling To You”について語っていたという。


番組のプロモーションでロバートは、番組がどのような内容になるか、以下のように説明している。

レコード制作は非常に個人的な体験で、その環境から抜け出すにはドップリと浸かりすぎていた。だから、俺は「ここから出よう!」と言っていたが、何度も何度も曲のいくつかを聴いて振り返ると、その一部に驚嘆してしまうんだ。

部屋にいたミュージシャンは眼中になかったし、俺は、周りが対処するのに慣れていない何かになっちまったことに気づいたのさ。


また、レッド・ツェッペリンの強みについては、主題やどれだけ音楽ジャンルに忠実かといった慣習的なルールを、バンドが窓から放り投げたことだったと述べている。

音楽に聖域などないし、それほど音楽に敬虔になる必要もない。レッド・ツェッペリンの音楽と構造は、そう言いたければブルースとは無関係だった。それが何だって構わない。イギリス人のやり方だってね。ヤードバーズとハウリン・ウルフが出会ったんだ。


なお、レッド・ツェッペリンは、デビュー・アルバムをレコーディングしてから50周年となることを記念して、新たなドキュメンタリー映画が製作中であると報じられている
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする