レッド・ツェッペリン、50周年を記念したドキュメンタリー制作へ。ジョン・ボーナムの未公開インタビューも

レッド・ツェッペリン、50周年を記念したドキュメンタリー制作へ。ジョン・ボーナムの未公開インタビューも

レッド・ツェッペリンがデビュー・アルバムをレコーディングしてから50周年となることを記念して、新たなドキュメンタリー映画が製作されていることが分かった。

Consequence of Sound」によると、Bernard MacMahon監督が手がける本作品では、未公開の映像や写真を見ることができるという。

また、最新技術を駆使して当時のバンドの演奏が再現されており、レッド・ツェッペリンの軌跡を振り返るものになるそうだ。

バンドが自身を描いたドキュメンタリーに携わるのは初めてのことで、故ジョン・ボーナムの未公開インタビューに加え、ロバート・プラントジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズの新たなインタビューも収録されているとのこと。

本ドキュメンタリー作品について、ジョーンズは次のように語った。

自分たちの言葉で我々のストーリーを語るのは今までやったことなかったけど、今回は相応しい機会だったと思う。
この映画が我々のストーリーに命を吹き込んでくれると思うよ。


またプラントは以下のようにコメント。

映画『American Epic』でウィル・シェイドをはじめ、多くのアメリカ黎明期の重要なミュージシャンたちが画面の中で息を吹き返すのを見て、この非常に興味深くてエキサイティングな体験をさせてくれる「映画」というものに貢献しようって思うようになったんだ


なお、レッド・ツェッペリン×ロッキング・オンによる、50周年記念プレイリストも公開中。ぜひご一聴を。

レッド・ツェッペリン×ロッキング・オンが実現! 50周年アニバーサリーへのさらなる展開を予感させる「プレイリスト企画」で楽しもう!
去る1月をもってデビュー・アルバムの発売から満50年を迎えているレッド・ツェッペリン。そうした祝祭的タイミングに訪れるのは、なにも新たな高額商品登場のニュースばかりではない。このアニバーサリー到来に伴い、レッド・ツェッペリン・プレイリスト・ジェネレイターなる新たなプログラムが2月下旬より開…
レッド・ツェッペリン×ロッキング・オンが実現! 50周年アニバーサリーへのさらなる展開を予感させる「プレイリスト企画」で楽しもう!
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする