BUMP OF CHICKEN『aurora arc』はなぜこんなにもずっと聴き続けてしまうアルバムなのか?

BUMP OF CHICKEN『aurora arc』はなぜこんなにもずっと聴き続けてしまうアルバムなのか? - 『aurora arc』『aurora arc』
昨日から『aurora arc』をずっと聴いている。
聴くたびにたくさんの発見が溢れて止まらないからだ。
そしてそれはきっと、このアルバムが3年強の間にいくつもの繋ぎ目をなくしながら紡がれた作品だから。
過去と未来の繋ぎ目。
絶望と希望の繋ぎ目。
君と僕の繋ぎ目。
曲と曲が繋がるたびに、これらの繋ぎ目のなくなった場所を心がくぐり抜けながら、どこにも行かないままどこへでも行けるように動き続ける。
今までのBUMP OF CHICKENの音楽もそうだったけど、このアルバムにおいてはその動きが極めてなめらかで、しかもこちらの心のエネルギーによってスピードと色合いと輝きを変える、まさにまるでオーロラのような世界が広がるのだ。
今のBUMP OF CHICKENがバンドとしてこの上ない状態であることが揺るぎないひとつの形になったアルバムだと言えるだろう。

明日から始まるツアー「aurora ark」もきっと、とてつもないものになる。(古河晋)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする