アヴリル・ラヴィーン、自らが総合プロデュースを務めた新MV“I Fell In Love With The Devil”を公開!

アヴリル・ラヴィーン、自らが総合プロデュースを務めた新MV“I Fell In Love With The Devil”を公開!

2月15日に通算6枚目となるニュー・アルバム『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』をリリースしたアヴリル・ラヴィーンだが、同アルバムに収録されている“I Fell In Love With The Devil”のミュージック・ビデオを公開した。


同MVはアヴリルが総合プロデュースを手がけ、ロサンゼルスで撮影されたもの。自身にとって有害な存在を手放すまでの内面の葛藤を描いており、最後には自分自身のためにその彼に背を向け、彼の元を立ち去るという決断をした凛々しい姿が描かれている。

現地時間9月14日のシアトル公演を皮切りに『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』をひっさげて、アメリカとカナダの計15か所をまわるツアーの開催も発表されていた。チケットの収益はライム病を始めとする難病患者を支援するための自身のチャリティ財団「アヴリル・ラヴィーン・ファンデーション」に寄付される。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする