【ロッキング・オンを読む】マニック・ストリート・プリーチャーズの最新インタビューで、ジェームスは何を語ったのか?【一部公開】

【ロッキング・オンを読む】マニック・ストリート・プリーチャーズの最新インタビューで、ジェームスは何を語ったのか?【一部公開】

当時グラストンベリーでヘッドライナーをやった時の映像なんかを観返して、「ここに映ってテレビで歌ってるやつのことを好きになれるか微妙だな」って思ったりしたもんだよ


9月に約3年ぶりとなる来日公演を控えているマニック・ストリート・プリーチャーズ。今回は『ディス・イズ・マイ・トゥルース・テル・ミー・ユアーズ』のリリース20周年を記念したアルバム再現ライブが予定されている。『ディス・イズ〜』はマニックスを国民的バンドへと押し上げた最大のヒット作であり、メロディアスでポップな側面が際立った同作は、破滅志向のパンクスだったマニックスがようやく安定期に入った作品として位置づけられてきた。

しかし、ジェームスは『ロッキング・オン』9月号に掲載のインタビューで『ディス・イズ〜』が持つ「不安定さ」に改めて気づいたと語っているのだ。『ホーリー・バイブル』、『エヴリシング・マスト・ゴー』、そして『ディス・イズ〜』を立て続けに再現&リイシューしてきた彼らは、リッチーの失踪という巨大な悲劇に直面したあの時代の混沌を、混沌が生んだ異形の傑作たちを、20年の時を経て初めて正しく理解しようとしているのかもしれない。(粉川しの)



マニック・ストリート・プリーチャーズのインタビューはキッスが表紙巻頭の『ロッキング・オン』9月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

【ロッキング・オンを読む】マニック・ストリート・プリーチャーズの最新インタビューで、ジェームスは何を語ったのか?【一部公開】 - 『rockin'on』2018年9月号『rockin'on』2018年9月号

KISS
BILLIE EILISH
LIAM GALLAGHER
BOB DYLAN & NEIL YOUNG
U2
THOM YORKE
SLIPKNOT
DAVID BOWIE
MANIC STREET PREACHERS
THE WHO
ALBUM REVIEWS
RIDE
FEEDER
CHON
BLACK MIDI


[CHARACTER OF THE MONTH]
CHANCE THE RAPPER

[HEADLINE]
SUMMER SONIC 2019
STING
FOALS
TASH SULTANA
LUCIFER
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする