【音楽文】本日9/11更新の邦楽の新着記事は米津玄師、星野源、KEYTALK、計8本です

本日9月11日に更新した「音楽文」の邦楽の新着記事は8本です。
是非ご覧ください。


①ずっと生きたい
ライジンサンロックフェスティバルで見届けた銀杏BOYZ
あのね(21歳)

②米津玄師 「痛みは消えないままでいい」
14歳の自分と16歳を目の前にした今
愛花(15歳)

③音楽はつづく
米津玄師が紡いでくれたこと
愛花(15歳)

④日本の夏、KEYTALKの夏。
4週連続新曲配信と夏フェス。
水色(44歳)

⑤米津玄師 -wowaka -松本大
トライアングル
koto-ha(41歳)

⑥近道なんかじゃなくたって
ORANGE RANGE・RWD←SCREAM019によせて
ゆめあい(25歳)

⑦米津玄師 2019TOUR/脊椎オパ~2020TOUR/HYPE
食べかけのまま捨てたあの夢と、この1年。
インザファーム(42歳)

⑧Eテレ『みいつけた!』からの伏線
星野源「Pop Virus」のライブ映像に見られる有機と無機との融合のユートピア
陶子(41歳)


「音楽文」の投稿はいつでもできます。
あなたからの熱い音楽文の投稿もお待ちしています。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする