グリーン・デイ、新ALは「ケンドリック・ラマーに触発された」? ビリー・ジョーが明かす

グリーン・デイ、新ALは「ケンドリック・ラマーに触発された」? ビリー・ジョーが明かす - 『ファザー・オブ・オール…』『ファザー・オブ・オール…』

通算13枚目となるニュー・アルバム『ファザー・オブ・オール…』を2020年2月7日に全世界同時リリースすることを発表したグリーン・デイだが、フロントマンのビリー・ジョー・アームストロングが同アルバムに影響を与えたアーティストについて答えていたことがわかった。

「Billboard」でのインタビューを報じた「SPIN」の記事によると、ビリー・ジョーはグリーン・デイ、ウィーザーフォール・アウト・ボーイによる合同ツアー「Hella Mega Tour」に関する取材の中でニュー・アルバムについても語っていたそうだ。

ビリー・ジョーは、10曲28分というアルバムのインスピレーションについて、スタイル的にはケンドリック・ラマーやモータウンに触発されたとして、次のように答えていたという。

ケンドリック・ラマーとか、オールドスクールなモータウンのような、ドラムとボーカルの間に空間があるダンス・グルーブを生み出したいと思ったんだ。

なお、アルバムからはタイトル・トラック”Father Of All...”が公開されている。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする